So-net無料ブログ作成
検索選択
 ラリージャパン2007 ブログトップ
前の10件 | -

ありがとう!ラリージャパン!!らんくす君??~ラリージャパン2007参戦記(完結編)~  [ ラリージャパン2007]

お待たせしました。
( ・@@・)( -@@-)( _ _)

ラリージャパン2007参戦記、完結編です。

きっと、参戦記の長さなら、ラリージャパンで一等賞をもらえるんでないかって思います。
ヾ(@@^;)ゞうへへ

でも、これでもまだまだ‥‥。

というわけで、てんやわんやのラリージャパン2007参戦記第30弾、完結編です。

 

最後のSSが終わった。 
走り終わったんだ。

 

 

ぶぶにゃん 『あっ、これ、はっはい。』

TCに止まると、オフィシャルが駆け寄ってきた。
コントロールシートを取りに来てくれたのである。

でも、ぶぶにゃん、なんだか上の空。

ひげおぢさん 『すんごい滑ったなっ!』

ひげおぢさんの声も、耳には入っている。
でも、頭に入って来ない。

ひげおぢさん 『このままいったんサービステントに行っていいんだよね?』

“TCチェックイン後、クルーはそのままサービステントには寄らずにパルクフェルメに入らなければならない。”
例年と違い、今年は、Bulletinだかなんかでそう通知が出ていた。
ぶぶにゃんも、ロードブックにそう書き込んであった。

だけど、それを見る気持ちの余裕がない。
もう、体から魂が抜けて遠いお空の向こうに飛んで行ってしまいそう。

 

結局、前を走る競技車の後に付いて行く形で、パルクフェルメイン。

PA280075改.jpg

たくさんの車がセレモニアルフィニッシュの順番待ち。
とりあえず、車を降りる。

他の選手も車を降りて、おしゃべり。
近くにはサービス隊のみんなも来てくれている。

そんなわきあいあいとした雰囲気に、飛んでってしまいそうだったぶぶにゃんの魂がなんとかつなぎ止められる。

 

あっ、ランサーナビのYさん!

よかった!なんとかゴールしたんですね。
二日目、ドラさんとすったもんだしてしまったらしいYさん。
ほっと安堵の笑顔であった。

Yさん     『ぶぶにゃん、ちょっと、ちょっと、写真撮ってよ!』
ぶぶにゃん 『いいですよぉ。』

デジカメを渡されたぶぶにゃん。
どうやらYさんは、ひげおぢさんと記念写真を撮りたいらしい。

( ̄@@  ̄ ) うーん

ひげおぢさんは、おぢさん、おばさんに人気あるんだなぁ、いっつも。
やっぱ同世代だと、何か通じるものがあるのかしらん。
σ( ̄@@ ̄) ?

 

 

順にオフィシャルに呼ばれ、競技車がセレモニアルフィニッシュの準備をする。

そろそろらんくす君の番。
再び、
らんくす君に乗り込む。

 

はぁ~。

もう、3回目のセレモニアルフィニッシュ。

1年目は勝手が分からず、ひげおぢさんと二人だけでポディウムに上がってしまった。
それがずっと気がかりだった1年。
そして、2年目は、念願のサービス隊と一緒のポディウムフィニッシュを迎えることが出来た。
もちろん、今年も、みんなでポディウムに上がるんだっ!!
大丈夫、サービス隊のみんなもすぐそばでスタンバッてる。

 

さぁ、いよいよさぁ、らんくす君の番。
ポディウムが待ってる。
みんなで行こう、あのポディウムへ。

 

07Jfin486改.jpg

 

やっぱり、うれしい。
あんなにいっぱいトラブルがあったのに、こうしてゴール出来て。

 

07Jfin594改.jpg

 

だけど、かなしい。
だって、今年のラリージャパンもこれで終わっちゃうんだもん。

 

画像212改.jpg

 

それに、くやしい。
だって、遠い昔のRACラリーから続くひげおぢさんのWRC、A7クラス負け無し連続優勝記録が途絶えてしまったから。

 

画像214改.jpg

 

みっつの想いが頭の中をぐるぐると回る。

うれしい、かなしい、くやしい‥‥・

だめっ。
また、涙が溢れてくる。
(ρ@@;)ぐすん

 

たくさんの観客の皆さんが手を振ってくれている。
ひげおぢさんは、ちゃんと手を振り返している。
でも、ぶぶにゃんは‥‥。

 

。・°°・(*>@@<*)・°°・。うえぇぇ~ん

 

 

パルクフェルメに入ったらんくす君。

SN310353改.jpg

 

うれしい、かなしい、くやしい‥‥・。

そのみっつがぐるぐるしてるぶぶにゃんは、なかなか車を降りられない。

 

と、窓のすぐ外に黄色いお兄さんが見えた。
EP3シビックのS選手だ。

ドアを開けてなんとか車から降りたぶぶにゃんに、黄色いお兄さんはそっと手を差し出してくれた。

 

握手。

 

ぶぶにゃん 『く゛や゛し゛い゛よ゛ぉ゛~。。(*ノ@@<*)エーン』

ぐるぐる回ってたみっつの想い。
たまたまその時出た言葉がこれだった。

 

S選手    『ヾ(´▽`;)ゝ 大丈夫だから。ねっ。
         これ(EP3シビック)も、これ(らんくす君)も、また来年も出れるから。
         ねっ。(o^-^o)♪

ぶぶにゃん 『うんうん、でも‥‥。
         。・・o( i@@i )o・・。うぇぇん

笑顔のS選手。

S選手のシビックもいろいろトラブルに見舞われて、大変だったらしい。
それでも最後の最後まで頑張り、こうしてポディウムフィニッシュを迎えたのだ。
きっと、S選手の心の中にもいろんな想いがこみあげていたに違いない。

そんな中でのあの笑顔。

これが、ラリージャパンなんだ。
ラリージャパンのゴールを迎えるってことなんだ!

 

P1000041改.jpg

戦い終わったラリー車達。

P1000052改.jpg

多かれ少なかれ、どの車も傷を負っている。

お疲れさま。
よく頑張ったね。

そっとしておいてあげたいような。
でも、どこか誇らしげなラリー車達。

 

 

今年もまたラリージャパンが終わった。

もちろん、まだ雑用は残ってる。

でも、明日、明後日と、チームスギヤマのメンバー達は日常に戻っていく。

PA290095改.jpg
   (横浜のおうちを目指すらんくす君)

 

 

この一週間。

もしかしたら、夢だったのかな?
ほっぺたつねると痛い。
でも、やっぱり夢なのかもしれない。

いや、夢でもいい。
だったら、また、夢を見ればいいんだから。

 

スポンサー様をはじめ協力、応援した下さったたくさんの方々。
そして、最後の最後1分まであきらめなかったチームスギヤマのみんな。
みんなほんとにありがとう。

そして、プル、ずっと守ってくれてありがとう。
プルがずっとそばに居てくれたから、最後までみんなと走れたよ。
ありがとう。

 

2008年、来年は道央での開催が決まっているらしい。

また参戦出来るのか。
毎年、毎年、悩んでる。

だって、お金もかかるし、なんと言っても一人じゃ出来ないおっきなことだから。

 

でも‥‥。

毎年、たくさんの人が協力してくれて、ぶぶにゃんに夢を見させてくれている。

せりかちゃん、そして、らんくす君が走ることで、もしかしたら、誰かに夢を見させてあげられるんじゃないか。
そんな言い訳も頭に巡ってる。

 

やっぱ‥‥。

また走りたいね。
く(*´@@`)エヘヘ

 

だって。
道はまだ続くから。

10878415.jpg

ねっ。(*^@@^*)

 

さぁ、みんな、ラリーに行こう!
ラリージャパンに行こう!!

( ラリージャパン2007参戦記 - 完 - )


 

やっと終わりました。

でも、これでもまだ書ききれていないような気がします。

ラリージャパンのあの感動が伝わったかなぁ。

ブンブン(>@@< )( >@@<)ブンブン

んにゃ、やっぱほんとのとこは伝わらない。

 

だから!!

 

皆さん、現地でお会いしましょう!!
一緒にあの感動を味わいましょう!!


最後のA7対決!頑張れ!!らんくす君??~ラリージャパン2007参戦記(29)~ [ ラリージャパン2007]

今日は衣替えをしました。

もう、5月。
これからどんどん暑くなって行くんでしょうねぇ。
はぁ~。
エアコンつき車がない初めての夏。
(いっつもなんらかのエアコンつき車があったんだけど‥‥。)
ぶぶにゃんは、せりかちゃんと、この夏を越えられるんだろうか‥‥。

というわけで、てんやわんやのラリージャパン2007参戦記第29弾です。


北愛国サービスパークに戻る途中、サービス隊と電話連絡。
ライトポッドを付けるかどうか。
SSスタート前パルクフェルメに入る前にライトフィッティングゾーンを通る。
でも、そのライトフィッティングゾーンに、サービス隊が入れるのか入れないのか、よくわからない状態らしい。

明るさ的には、問題ない。
なくてもまぁ、大丈夫。
ついてるほうがかっこいいけどね。
自慢のライトポッドだから!!

 

淡々と時間が過ぎていく。
ルートブックの残りのページもどんどん少なくなっていく。

無事に終わってほしい。
でも、終わりたくない。
無事にゴールしたい。
でも、まだラリーしていたい。

頭の中がごちゃごちゃ。

いやっ、まだSSが残ってるんだ。
気を抜いちゃいけない。

 

3年間、何度も行き来した、北愛国パークが見えてきた。

 

あっ!みんなだ!サービス隊のみんなだ!!

オフィシャルと話をしたらしい。
そして、ルールどおり、一人のサービス隊メンバーがライトポッドを持って、ライトフィッティングゾーンに入って来た。
他のメンバーは、ゾーンの外。

みな、やわらかな笑顔。

三日目にしてやっと天気も回復し、明るい日が差している。
その日差しのもと、みんなもやっと明るい笑顔を見せている。

ありがとう。
みんな、ほんとにありがとう。
やっと、やっと、ここまで来れたよ。
帰って来たよ。

 

ラリージャパン2007、最後のSS27、OBIHIRO1.35km。

ぶぶにゃん  『A7対決じゃない?ねぇ。』
ひげおぢさん 『ねぇ。』
ぶぶにゃん  『しゃれた感じじゃない?粋な計らいだわん。』

前に並んでいるのはS選手の黄色EP3シビック。

ぶぶにゃん  『(ランサーの)A選手のおかげかしらん?』
ひげおぢさん 『俺が前に行かせたからね。』
ぶぶにゃん  『さすが、にゃんこ好きなAさん。粋だわ。』

スタート後のクレスト(上り坂)が見える。 

ぶぶにゃん  『飛んだ?』
ひげおぢさん 『飛ばない‥‥。
          ランサーが飛ばないんじゃ、うちのが飛ぶわけないよなぁ。

ぶぶにゃん達にとっては、三日目にして始めてのOBIHIROスーパーSS。
上りスタートの後、車がどうなるのか。
それも未知な世界。

ひげおぢさん 『ちょっと振って走るか!』
ぶぶにゃん  『うん、いいよ。 (*^@@^*)
          やるなら360度ね、スピンは。』
ひげおぢさん 『出るかもしれないよ。』
ぶぶにゃん  『180度スピンだとさ、
          えっちらおっちら戻んなきゃなんないからかっこ悪いじゃん!』

ぶぶにゃん  『最後、(ノート)読めなかったらごめんね。
          ロストしたらごめんね。ヾ(@@^;)ゞうへへ
          でも、よくわかんないから、ロストするかもよ。
          ここ、あたしが(ノート)作ったから。

ひげおぢさん 『はい。(ー_ーゞ 』
ぶぶにゃん  『あまりに、ひどかったんで、わたくしが作り直しました!!
          <( ̄@@ ̄)>』

レッキはしたものの、ここのノートはかなりいい加減‥‥。

らんくす君が履いているタイヤはBSのRE370R。
初めてラリージャパンをセリカで走った時は、RE370RとRE470Rを用意した。
最初はRE470Rを履いたものの、ざくざくした林道にはこちらが合うと、RE370Rにチェンジ。
それから、全てRE370R。
(ほんとは、RE480Rを使いたいんだけど、らんくす君にちょうどいいサイズがない。)

で、これがまた、毎年、このスーパーSS特設コースに全然合わない。
全くくわないのである。
<(; ^ @@^) マイッタマイッタ

でも、林道の距離に比べたら、スーパーSSの距離はわずか。
ここはもう正直捨てているのである。

そのせいか、ひげおぢさんのレキもいい加減。
まぁ、林道と違って、スピード出ないし、見りゃ分かるし。
ってなことなんだろう。

『はいそうですか。』

じゃぁ、ナビがすたる。
コース図から一応ノートを起こしておいたのである。
まぁ、一応ね。

ひげおぢさん 『飛んでいい?』
ぶぶにゃん  『最初トンネルだよ。』
ひげおぢさん 『あっ、そう。』
ぶぶにゃん  『まぁ、見て適当にやってよ。
          あんまし期待してないから、ここのタイムは。
          (*>@@<*)ぷっー』
ひげおぢさん 『期待しないでいいよっ!(~、~)>チェッ』

ひげおぢさん 『ライト点けようか?』
ぶぶにゃん  『せっかくライトポッドつけてもらったんだし。』
ひげおぢさん 『いらねぇかな?』
ぶぶにゃん  『デイライトオン走行でなかったっけ?』

そうこうしている内に、目の前に30秒前のボードが降ろされる。

2007年ラリージャパン、最後の秒読み。

ぶぶにゃん  『5、4、3、2、1、スタート!』

_MG_0624改.jpg

よっしゃ、スタートはらんくす君が先行!
シビックはミッションをいたわってのスタート?

_MG_0638改.jpg

うひゃぁ~、やっぱすべるぅぅ。
曲がらないねぇ。

でも、一周目はまずはいい勝負。
最後のA7対決!
頑張れらんくす君!!

ジャンプ台を越え、左、右とコーナーを抜けると、左側にシビックが見えてきた!
だめだぁ~。
追いつけない‥‥。

_MG_0651改.jpg

結果、60位/73台中。
シビックにはこの距離で1秒もの差をつけられ、完敗。
(;´@@`)>フゥ...

 

でも、最後のSSが終わった。 
走り終わったんだ。



ラリーフィニッシュ。
そこにらんくす君はいました。

とうとう感動のフィナーレ?
そんなこんなのお話はまた次ね。


最後の林道SS!かっこよいよ!!らんくす君??~ラリージャパン2007参戦記(28)~ [ ラリージャパン2007]

昨日行われたJAF東日本ラリー選手権第1戦 FRC Rally MounteinCross2008。
ぶぶにゃんがお世話になってるチーム、Filly所属のY選手&A選手組が、クラス2位入賞したようです!
めでたい!!

WRC!全日本ラリー選手権!!

いえいえ、もっともっとラリーはあります!!

そして、そういったカテゴリーにも、優秀なドライバー、ナビゲーターがいっぱいいるんです。
自分の力を目一杯使って、ラリーに取り組んでいるラリーストが。

ぶぶにゃんも、その心意気に負けないようにがんばらなくちゃっ!

というわけで、てんやわんやのラリージャパン2007参戦記第28弾です。


次は最終林道SSであるSS26、Penke2、22.19km。

スタート地点では、前に何台かのラリー車が並んでいる。
らんくす君のスタートまではまだ数分ある。

『ショックがなぁ、アブソーブしてない感じ。完全に抜けちゃってるわけじゃないけど。』

『ちなみにここは、最初ちょっとくねくねが続くかな。右2とかあるし。』

『スピード殺さないように行くとこはわりと得意なんだよ。
殺しちゃうと立ち上がるのがねぇ‥‥・。
やっぱミッションがあわないから。』
『トヨテックももっと下から効いてほしいよね。』
『だからどうしてもさ、上りの立ち上がりなんて踏んじゃうと、チェンジの時、回転がね(落ちちゃう)。
しょうがないからコントロールしてさっ‥‥。』
『そのわりには上っていかないもんね。』

 

ばっばっばっばっばっばっ、ぶお~ん!!

ひげおぢさんとおしゃべりしている間にも、A選手のランサーがスタートして行く。
う~ん、あの音かっこいぃぃぃ!

さらに目の前の黄色いシビックも軽やかにスタート。

さぁ、いよいよ、らんくす君の番。

『5、4、3、2、1、スタート!』

さっきのSS同様、快調なペースで走るらんくす君。

相変わらずギャップに飛ばされるところもある。
そんなときはその衝撃でワイパーが動き出しちゃう。

リタイヤしている車は見られない。
みんな最終ゴールを目指して必死に走っているのだろう。
きっと、ぼろぼろの状態で。
きっと、へとへとの状態で。
それでも、ゴールするその瞬間を信じて。

長いようで、短い16分半。
その16分半の走りを終え、らんくす君も無事にSSゴール。

ぶぶにゃん  『ふぃ~。』
ひげおぢさん 『ふぃ~、あっちぃ~い。』
ぶぶにゃん  『さっきのほうがかっこよかったけど、今のも、まぁまぁかっこよかったよ。』
ひげおぢさん 『まぁまぁね。ちょっとあまい走りしたかな。』
ぶぶにゃん  『でも、かっこよかったよ。』

後で車載ビデオを見たメカニック君には、恋人のような会話だと笑われてしまった。
ε- (^@@^; ふぅ

でもね。
その走りに惚れ込んでなければ、こうして毎年ナビなんて出来ない。
その走りをすごいと思い、信用しているからこそ、
頑張ってナビしたい、頑張ってラリージャパンに行きたいと思う。

でも、でも‥‥。 

ゴール。
集中から解き放たれ、ペースノートから目を上げるとそこには。

ミッチー!!
(((( *≧@@)ノノノキャーッ♪

及川ミッチー 『ベイベー、僕の走りはどうだった?』
ぶぶにゃん 『最高よぉ~!
         最高に決まってるじゃない!!
         愛してるわぁ~!!!』 

なぁ~んてことにはならないのが現実‥‥。

 

結果ここは44位/74台中。
その他の車勢では、2番手。
シビックとは36.9秒、タイムを詰めていた。

ぶぶにゃん  『気持ちいぃ~!
          はぁ~、終わっちゃうのがもったいなぁいよぉ。』
ひげおぢさん 『何が?』
ぶぶにゃん  『ラリーが。』
ひげおぢさん 『あぁ、ラリーが?』
ぶぶにゃん  『でも、来年もあるから‥‥。』

いろんな想いが頭の中を巡り始める。
心と頭がパンクしそう。

 

いやっ、でもまだラリーは終わっちゃいない。

帰ろう、みんな元へ。
北愛国サービスパークへ。
そして、行こう。
2007年ラリージャパン最後のSS、OBIHIROスーパーSSへ。


あとちょっと、あとちょっとで書き終わります。
もうちょっとだけお付き合い下さいませ。

というわけで、無事にゴールを迎えられるのか2007ラリージャパン最終SSのお話はまた次ね。


これだよっ!この走りだよ!!らんくす君??~ラリージャパン2007参戦記(27)~ [ ラリージャパン2007]

2008年ラリージャパン参戦に向けて、なんとか動き始めました。
もちろん、まだまだ先行きは不安だらけだけど。

で、今年のらんくす君。
どこにどのように手を入れるか。
でも、かけられるお金は限られています。

なので、より安く、でもより効果的な作業を出来るよう、オープンロードではあらゆる可能性を探ってます。
もちろんそこには、ヤフオクやら再利用やら手作りやらというお得意の作戦が駆使されるんですけどね。
ヾ(@@^;)ゞうへへ

もちろん、スポンサー様をはじめ、たくさんの方のお力もいっぱいいっぱいお借りします。

でも、どうして、そうまでしてラリージャパンに行きたいのかって?

だってね、あの走りを見てしまったから‥‥。

というわけで、てんやわんやのラリージャパン2007参戦記第27弾です。


走れっ!!らんくす君!!

と、前方に見えてきたのは‥‥!?

青いランサー、A選手!?
でも、ゆっくりではあるが走っている。
ってか、止まってたのがちょうど走り始めたってところだろうか。
(´・@@・`)ブヒ?
なんかトラブってたのかな?

でも、相手はランサー、それもA選手。
速いことは間違いない!
ってことで、安心して(?)後ろを走るらんくす君。

とっところが‥‥。

ランサーはすぐにすっと横に避けて止まってしまったのである。

あ(・@@・)(・@@・)ん?

そのままランサーをパスするらんくす君。

やっやばいよぉ~!!
A選手のランサー、パスしちゃったよぉぉぉ~!!
ほんとに止まっちゃったの?
でも、さっきは動き出してたじゃん。
ってことは、やっぱ後から来るんじゃない!?
だって、A選手のランサーだもん。
絶対速いに決まってる!

ヒイィィ(゜@@゜;三;゜@@゜)ヒイィィ

でも、仕方ない。
今はノート読みに集中しよう。
追いつかれたら、避ければいいんだ。
そうだ、慌てることはない。
ドアミラーもちら見して、後ろにも注意しよう。

とっところが‥‥!!
なんかノート読みが合わない。

ひげおぢさん 『次は!次は!!』

ぶぶにゃんに、読み遅れが‥‥。

んにゃっ!!違う!!
ブンブン(>@@< )( >@@<)ブンブン

ひげおぢさんのペースが上がってるんだっ!!
コーナーへの進入速度が間違いなく上がっている。

ひげおぢさんの走りの特徴は、とにかくスピードを殺さずにコーナーに進入、魔法のブレーキングで曲がっていくものである。
ところが、殺さないというより、もう攻撃的に進入して曲っていく感じ。
もちろん減速はしているものの、減速に使う時間、姿勢変更に使う時間がずっと短い。
まさに攻める走りに変わってきたのである。
もちろん、立ち上がりの速度も違う。
だから、どんどん車速が上がっていく!

すごいっ!すごいっ!これだよっ!
ひげおぢさんの走りだよっ!!

コーナー入り口。
一瞬その車速に恐怖を感じる。
でも、そんな気持ちもすぐに吹っ飛ぶ!!
とにかくノート読みに集中!
ひげおぢさんの走りに読みを合わせなくては!
こっちも、もぉ~必死!!

あと少し、もう少しでゴール。

 

ひげおぢさん 『来た!』

やっぱり、ランサーが後ろから来た。

ぶぶにゃん  『あとゴールまで少し!』

正直、ここはパスさせてもしなくてもどちらでもいい。
パスさせればもちろんその分、減速、タイムロスになる。
しかし、この後のSSはPENKE22km。
このままの順でスタートすれば、そのSS途中でランサーに追い付かれる可能性は高い。
だとすれば、10秒減点をくらってスタート前に走行順を変えるのが妥当であろう。

どちらが得か。
いやっ、どちらがA選手のランサーにも迷惑がかからないか。

 

ずしゃぁ!!

ひげおぢさんは、スペースをみつけらんくす君を減速させた。
ランサーも無事にパス。
その後、再加速したらんくす君も無事にゴール。

 

後で、A選手に聞いたところ、ランサーのコンピュータ(?)の調子が悪くいったん停止、その後ちょうど復帰した時にらんくす君が後ろから来たらしい。
ところがその後、A選手はシートベルトの確認をするために再停止したとのこと。
そして、そこをらんくす君がパスしたということだったらしいのである。
とはいえ、安全(シートベルトの確認)を優先させて、落ち着いて再停止したA選手はさすがである。

 

結果、このSS25は、53位/74台中。
順位的には他のSSとあまり変わらないが、パスしたり、パスされたりといろいろあったし、S選手のシビックとのタイム差も24秒詰めていた。
それに、なんと言っても、めちゃくちゃ気持ちがいい!
これだよっ、この走りだよっ!
やっと、やっと、このSS25になって、久々にひげおぢさんの走りを垣間見たような気がする。

気持ちいい!
興奮するとかそういうのはもう通り越している。
今この瞬間、ラリーして、らんくす君の助手席に座って、ナビしてることがほんとに気持ちいい。

 

ラリー後のひげおぢさん曰く、

ぶぶにゃん  『あの時、急に走りが変わったからさぁ、
          後ろにもうランサーがついてて、でも避けられない状態なのかと思っちゃった。』
ひげおぢさん 『違うよ、まだ来てなかったよ。』
ぶぶにゃん  『そうだよねぇ。ドアミラーにもランサー映ってなかったもん。』

ぶぶにゃん  『じゃぁさぁ、もしかして、
                 後ろからランサーが追っかけててくるじゃないかって気が気でなくて、
                 走りが変わったの?』
ひげおぢさん 『いいや、後ろからランサーが追っかけてくるだろうと思って、
          まじめに走ったんだよ。』
ぶぶにゃん  『それまでは、やっぱまじめじゃなかったのぉ~?
          (;¬@@¬) じ~っ』
ひげおぢさん 『まじめにって言うけど、それまでは車が壊れないように気を使ってたんだよ。
          あそこは、まじめに走らないとほかの人(ランサー)に迷惑になってしまうんで、
          一応9割走行しただけだよ。』

だそうである。

ひげおぢさん 『でも、あの走りを全SSでやったら、もたないだろうね。』
ぶぶにゃん  『ひげおぢさんが?死んじゃう?お迎え来ちゃう?』
ひげおぢさん 『車が!!』
ぶぶにゃん  『ヾ(@@^;)ゞうへへ』

 

実は、このSS。
車載ビデオが撮れていなかったのである。
う~ん、残念。

でも、ぶぶにゃんが徐々に読み遅れて行くのが記録されてなくてよかったかも。
ヾ(;´@@`Aアセアセ

ドライバーの走りが突然変わっても即座に対応。
ノート読みだって変わらなければならない。
ナビには、この力も必要。
う~ん‥‥。
| 柱 |ヽ(-@@-;) 反省

よっしゃ、次のSSはもっとうまく読むぞっ!!

次はいよいよ、ラリージャパン2007最後の林道SS。
さぁ行こう!


残りはSS2本。

A7クラストップのT選手インテとのタイム差は一時間近く。
S選手シビックとも1分以上空いていました。

それでも、らんくす君は走り続けました。
ゴールのために、一人でも多くの方に走りを見せるために。

そんなこんなのお話はまた次ね。


ハイパワー4WDが走った後は!!らんくす君??~ラリージャパン2007参戦記(26)~ [ ラリージャパン2007]

突然先週から目がかゆくなりました。

もしかして‥‥。

花粉症デビュー!?!?
┌|T@@T|┘♪└|T@@T|┐♪┌|T@@T|┘テケテケテッテ

いやぁ~ん。
(ノ@@<。)うっうっうっ

杉花粉?

杉アレルギー?

杉の山‥‥。

きっとひげおぢさんのせいだぁぁぁぁぁ!!!!

というわけで(?)、てんやわんやのラリージャパン2007参戦記第26弾です。


さぁ、LEG3、午後一本目は、RERA KAMUY2、SS24。
まずは、TC24に到着。

ぶぶにゃん   『ゼッケン101番でぇ~す。』
オフィシャル  『ははは。ゼッケン言う人は初めてだ。』
ぶぶにゃん   『(´・@@・`)ブヒ?みんな言わないんですか?』
ひげおぢさん  『い
らないの?』
オフィシャル  『ははは、いらないですよ。
          それよりも、ジェミニで来てくれたほうが!』
ぶぶにゃん   『あらっ。(´@@`*)テヘへ
          ジェミニで来いって!ひげおぢさん!!』
ひげおぢさん 『そしたら、ゼッケンいらないね。』
ぶぶにゃん  『そうねっ。、ジェミニでぇ~すっていえばいいもんね!!』

ぶぶにゃん  『そっかぁ、みんなゼッケン言わないんだぁ。
          なんか、国内だとフツーに言ってたんだけど。』
オフィシャル  『時間を言う人はいますよ。』
ぶぶにゃん  『ゼッケン何番、何時何分下さい!!なんてのは以前も言ってましたけど。』

オフィシャル  『昔はゼッケンを言うように習いましたもんね。』
ぶぶにゃん  『そうそう!!』

ぶぶにゃん  『あっ‥‥、昔の人なんだってぇぇ!!!
         
<(; ^ @@^) あははははは。』

オフィシャル 『ヾ(´▽`;)ゝ あっ、昔、ファンでした。ジェミニのファン!』
ぶぶにゃん  『あはははは。』
ひげおぢさん 『あはははは。どぉも~。』

ぶぶにゃん  『今はファンじゃないってことだね。ヾ(@@^;)ゞうへへ』

なぁ~んて、のどかな会話もしちゃうのがTC。

さてさてスタートライン、気持ちをSSモードに切り替えよう!

ぶぶにゃん  『前の(スタートラインについてる)車、つんのめってない?』
ひげおぢさん 『掘れてんだよなぁ。』
ぶぶにゃん  『前の車は四駆だからいいけど‥‥。』

そう、毎年、スタートラインでは四苦八苦。
ハイパワー四駆勢が散々走った後の走行になると、スタートラインはもぉべっこり。
2駆だとスタックしちゃうんじゃないかってぐらいのひどいところもある。

『ばばばばばばっ!!』

前のランサーは多分A選手。
激しいエンジン音と共にスタート。

いいなぁ、かっこよくてぇ。
らんくす君もあんな風にばばばばばっていってほしいなぁ。

で、SS24、らんくす君も無事にスタート!


(分かります?わだちが掘れてる感じ。
ガードのじゃりじゃり音も入ってますね。)

やっぱりコース上もわだちがきつい。
それでも、順調に走り続けるらんくす君。
割れているミッションケースのことも忘れてしまいそう‥‥。

結果、54位/74台中。
シビックS選手との差は22秒縮まった。

ラリー後、リザルトブックをしみじみ見てるとおもしろいこと(?)に気がついた。
ウルモ・アーバ選手のスイフトはまぁ別格として、いわゆるその他勢(2輪駆動やら2L以下の車達)のタイムである。
もちろん、SSによって順位はめまぐるしく入れ替わるんだけど、N3フィエスタのO選手、A6EKシビックのI選手、A5ぶ~んのO選手あたりが比較的安定して速いかな。

で、LEG3のひげおぢさんの順位を見てみると、う~ん、2番手までにはなっている。
このSS24も2番手。
だけど、一等賞のSSがないんだな、これが‥‥。
(-@@-)ゞ ウーム

でも、待てよ。
らんくす君の状態を考えれば、決して悪い成績ではないんじゃない?
よっしゃっ!!
次のラリージャパンでは、“その他勢でのSSベスト、それもたっくさんねっ♪”
これをひげおぢさんにおねだりしよっ~と。

さてさて、次はSS25、Panke Nikorpet 2。
17.04kmのSS。
午前中のようにシビックとの差を縮めることが出来るか!!

さぁ、スタート!!

いいっ!!
LEG1、2に比べれば、まだ道もいい。
らんくす君の状態もいい。
そして、ひげおぢさんも乗ってきている!!

走れっ!!らんくす君!!

と、前方に見えてきたのは‥‥!?


今でもあの瞬間を思い出すと、ぞくぞくわくわくします。
これが、ラリーの魅力です。

そんな魅力をうまく伝えられるかな?のラリージャパン2007参戦記続きのお話はまた次ね。


行ってきます!みんな待ってて!!らんくす君??~ラリージャパン2007参戦記(25)~ [ ラリージャパン2007]

昨日、大変残念なことがおきました。

2008年度チームスギヤマのオーナーにと名乗りをあげていたミスターKが、事情により、撤退を表明されました。

ミスターK  『オーナー兼監督させてもらうよ。』
ミスターK  『もう一台ランサーでも作って、らんくすと二台体制で行こうか!』
ミスターK  『いっそ、残りのWRC、フル参戦で行こうか!』

ぶぶにゃん 『へ(@@´ )ノいやっほぅ!!』

ところが‥‥。

ミスターK  『だめかぁ。┐(´ー`)┌』

期待のサッカーくじtoto、はずれちゃったそうです。
チームスギヤマはチームKとして生まれ変わり、6億円の潤沢な資金を元に大きく飛躍する‥‥!!
予定だったんですけどねぇ。
ヾ(@@^;)ゞうへへ


というわけで、たとえびんぼープライベーターチームでも想いは誰にも負けてなかった、てんやわんやのラリージャパン2007参戦記第25弾です。


SS23のゴール後、競技車達はそのまま団子状態でサービスパークを目指していた。

時間はない。
でも、慌ててはいけない。

ここはリエゾン、一般道。
ラリーのルールより、その国の交通ルールが優先。
当たり前のことである。

そんなこと、選手は皆分かっている。
だから、はやる気持ちを抑えながら、皆、落ち着いた走り。

やっと辿り着いたサービスパークのTC(タイムコントロール)。
しかし、やはりここでも何台もの競技車がたまっていた。

Tさん 『慌てないで!大丈夫ですから!!』

オフィシャル役員のTさん。
常に適確、正確な指示、判断、アドバイス。
選手にとっても安心感、信頼感が非常に高いTさん。
この場にTさんが居てくれるというだけで、場が引き締まる。
もう誰も慌てない。
選手達は、順々にタイムカードを渡し、パルクフェルメに入って行った。

さぁ、30分のサービスイン。
サービス隊の最後の戦いが始まる。

o1vjawznJ47sCNBM3603ks3kskXL00改.jpg
(洗車時間もなく、どろんこのらんくす君、サービスイン。)

runx03改.jpg
(サービス隊、ありったけの技術と熱意をらんくす君に注ぎ込みます。)

 ・ 下まわりチェック。
 ・ 左後ろボディー付近からカチャカチャ音あり。 
   チェックしてください。
 ・ タイヤ、あるなら4つ新品に交換。
 ・ フロントウィンドウはよく拭いてください。

 ・ あとは、お任せします!!

余計な説明はもういらない。
だって、彼らはチームスギヤマのサービス隊だもん。


ひげおぢおさん、ぶぶにゃんは、コンテナハウスの中へ。
昨日と違い、ぶぶにゃんの背中の痛みも落ち着いている。
食事も出来るかな、んにゃっ、むしろお腹空いてるかも!!

と、テーブルの上には!!!

(」゜@@゜)」(」゜@@゜)」(」゜@@゜)」オオオオオッッッ

いくら丼!!

さすが、北海道。
サービス時間にいくら丼を食べれるなんて‥‥。
(゜@@Å)ホロリ

あぁ、ラリーやってて良かった!!

でも、食べすぎ、満腹は厳禁。
まだ午後のステージがあるんだもん。
半分食べたところで、泣く泣く断念。
。・°°・(*>@@<*)・°°・。えーん

ぶぶにゃん 『行ってきます!ガッツ!(・@@・)Ω』

みんなが心を込めてらんくす君を送り出す。

絶対、大丈夫。
無事に帰って来るよ。
みんな待ってて!!

_IGP1495改.jpg
(サービスアウトのTCに並ぶらんくす君。)

_IGP1496改.jpg
(LEG3、さぁ最終日午後のラリーが始まる!)

あと、SSは残り4本。
もうあと4本しかない。
いやっ、まだ4本もあるんだ!

ひげおぢさんの調子も上がってきている。
どこまで、S選手のシビックとのタイム差をつめられるか。

目指すはRERA KAMUY、SS24。
プル、見ててね。


残りのSSはたった4本。
でもそこで、ぶぶにゃんは最高の‥‥!!

そんなこんなのお話はまた次ね。


LEG3、最終日なんだね、らんくす君??~ラリージャパン2007参戦記(24)~ [ ラリージャパン2007]

昨日は実家でたこ焼きパーティ。
具材には、たこはもちろん、えび、イカ、お餅、ベーコン、チーズ、ソーセージなどなど。

中でも、ぶぶにゃんのおススメは明太子!
一緒にお餅やチーズを入れるとさらに美味!!
定番のたこよりむしろ好きかも。

というわけで、ラリーではやっぱり全然定番ではないらんくす君で挑んだ、てんやわんやのラリージャパン2007参戦記第24弾です。


毎年レキ車がスタックするという、とっても悪路なつなぎを越え、次はSS23PENKE1、22.19km。

オフィシャル 『中間地点にFIVが止まっているかもしれませんので、
         注意して走行して下さい。』

FIVとは、ラリー中に何かあった時に駆けつけるオフィシャル医療チームの車。
何か大きな事故があったんだろうか?

ぶぶにゃん  『道とは関係ない?』
オフィシャル 『もしかしたら、コース上かもしれません。』

う~ん、気を付けなければ!

このコースはおぢさん曰く、
  SS23 : 前半が下りでところどころきついコーナーがあるけど、
         
ほとんど2速で曲がれる。
         右側が川で、路面が濡れてるところが多い。
         中盤は少し上ってまだ下って変化のあるコース。
         後半は大きなコーナーが多くだらだら下り。
         午後(PENKE2)は、西日が眩しかったね。


         (走れ!らんくす君)

途中、ハザードを点滅させながらペースダウンしたブーンに遭遇。
即、鮮やかに避けてくれたのでほとんどロスはない。

その後、道の左側で落とせ落とせ踊りをしている赤っぽい服の人に遭遇。
その先には、ワンボックス車やら引き上げ車輌やら、何人もの人がいる。
これがスタート地点で言ってたやつかも。(・@@・)ノ

その先左側には、こちらを向いて止まっている競技車輌のランサー。
でも、道幅的には問題なく横を通り抜けることだ出来る。

スローダウンさせながら、人も車も無事にパス!

次はL6(左6)からL4(左4)。
よっしゃ、仕切りなおし、一気に加速だいっ!
O( `@@´)乂(`@@´ )O キアイイレロォ!!

 

とっところが、L6を抜けると一台のオフィシャル車がハザードをつけて停車。
むしろ、こっちのほうにびっくり。(・@@・;)

どうしても、こういうトラブルポイントをクリアした(と思った)後は、
『行くぞっ!!』っていう心理が働いてしまう。
もちろん、慌てるなぁ、気を付けろぉとも思ってるけど。

多分今回の場合は、なんか事情があったんだと思う。
でも、こんな風に離れてコース上に止まっていると、ちっとばかしびっくりしちゃうんだなぁ。
ヾ(;´@@`Aアセアセ

でもまぁ、加速と言っても所詮らんくす君だし、その次はL4、速度コントロールはしていた。
なんで、たいした速度でもなく、こちらも無事に横を通過!

 

もおぉ、大丈夫だよね。
(;¬@@¬) じ~っ

 

でも、そこはラリー。
いつどこでどんな障害(車や倒木や鹿さん!?)があるかも分からない。
細心の注意を払いながら、SSゴールを目指す。
十分気を付けながら、めいっぱい速くねっ、ひげおぢさん! (*^@@^*)

 

で、らんくす君は、無事にSS23ゴールラインを通過。
(^ @@^)3 ほっ。

 

ところが、その先のストップポイントでは前走車が何台も並んでいる。
さっきのランサーのところで競技車輌が止められ、団子状態になってしまったのかもしれない。
もしかしたら、このSSはキャンセル!?
(´@@`;) う~ん

結局ここはSSとしては成立していたものの、半数近くの車輌が同タイム(16分24.5秒)となっていた。
後半走行順のトラブルに関係したと思われる車のタイムをみな同じにしたのであろう。
よくある措置であり、妥当なものである。

なんだけど、タイムを競えるSSが一個減ってしまったのよねぇ‥‥。
でも、これもラリー!
なんだなっ!!o(・@@・)9"ガンバ!

 

LEG3、午前中のSSはこれでおしまい。

昨日までに比べたら、今日の路面状況は全然いい。
ぶぶにゃんの背中への負担も小さく、あそこまでひどい痛みにはなってない。
ひげおぢさんもらんくす君に慣れてきて、走らせ方を掴み始めたらしい。
ペースもどんどんよくなって来ている。
それに、サービス隊が施してくれた様々処置のおかげで車自体の動きも悪くはない。
もちろん、ミッションはあくまでも応急処置のままで、
がごんがごんと音はものすごいし、最後までもってくれるのかも分からない。
でも、今はサービス隊の技術を信じよう。

さぁ、とにかく、サービスパークに戻ろう!

 

でも‥‥。

 

もうすぐ、ラリーが終わっちゃうんだ。

 

ラリーに出る、そして無事にゴールする。
なんと言っても、これが一番の目標。
このために、みな頑張ってる。

でも、なんだかまだゴールしたくない気分。
このまま終わっちゃうのがもったいない……。

 

いつもラリーに出ると、
『早く終わってほしい、無事に終わってほしい』
心の中ではそう思ってる。 

でも、なぜかラリージャパンだけは違う。
三日目になると、いつも複雑な気分。
らんくす君に乗ってラリーしているこの時間が愛おしい。

沿道で手を振るラリーファン、前後を走る競技車。
視界には入っているのに、ものすごく遠く感じる。
我々がゴール出来ようが出来まいが、あと何時間かすればこのラリージャパンは終わる。
それは理解している。
でも実感は湧いて来ない。
うまく説明できない複雑な気分。

 

さぁ、もう少しでサービスパーク。
今はとにかく、ひとつひとつのナビ作業をちゃんとやろう。


ゴールまであと少し。
でも、思い出はまだまだ増えて行きます。
そんなこんなのお話はまた次ね。


この瞬間に感謝!らんくす君??~ラリージャパン2007参戦記(23)~   [ ラリージャパン2007]

“栄養をつけよう”第二弾として、今日はビックマックセットを買って来ました!
注文するときはやっぱり恥ずかしいけど、ここは風邪を治すため!
(でも、さすがに恥ずかしいんで、テイクアウト。)
で、もちろん、完食!!ヽ(´@@`)ノ おなかいっぱい♪

外は雪。
真っ白な雪に埋もれたせりかちゃん。
でも、その赤色はやっぱりかわいい。

らんくす君は?って言いますと、新オープンロードにいます。
あんなに広くなったんだから、きっと屋根の下にいるよね。
ねっ、ひげおぢさん。

というわけで、てんやわんやのラリージャパン2007参戦記第23弾です。


2007年10月28日(土)

とうとう、Leg3。
2007年ラリージャパンの最終日。

今日のスタートは7:22。
後ろから3番目。ヾ(@@^;)ゞうへへ
前はなんと、おなじA7クラスのシビックタイプRのS選手。
どうやら、S選手はミッショントラブルのためLeg2でスーパーラリーしたらしい。
S選手も大量減点をもらって、こんな後ろまで下がって来ていたのである。

で、ぶぶにゃん達とのタイム差は2分16秒。
大差と言えばまだまだ大差だけど、そこはラリー。
何があるか分からない。
バースト一回すれば、簡単にひっくり返る差である。

それに、今日は最終日。
完走モードとはいえ、それなりには走ってくれるはず。
だとすれば、数少ないA7クラスのS選手のタイムは、らんくす君にとって重要なターゲットタイムになる。
A7クラスが3台揃った今日。
らんくす君の走りが、そもそもいけてるのか全然だめなのか。
今後に向けて、そこらへんのデータも欲しい。

よっしゃ!!
O( `@@´)乂(`@@´ )O キアイイレロォ!!

その他にもいろんな選手が後方に下がっている。
みんなスーパーラリーを使って、それでもがんばって完走を目指しているんだろう。

あっ、ランサーのY選手もこんなところ。
おもちゃ会社がスポンサーについた、にこにこカラーリングがかわいい。

ぶぶにゃん 『おはようございます。お久しぶりですね。』
Y選手     『お久しぶりです。あっ!痩せました?』
ぶぶにゃん 『いや~ん、うれしいなぁ~。(*^@@^*)えへへ♪』

海外転勤から帰国したY選手はもと全日本チャンピオン。
やっぱりいい人だぁ~。
うんうん、見る目あるし、正直だしね♪

 

まずは、パルクフェルメから車を出して、10分間のサービスへ。


     (サービス隊による最終確認)


       (チームメンバーと記念撮影)

 

さぁ、いよいよスタート。
今日は新得方面。
過去2回、走ったことのあるコースばかり。
今年のレッキはまともに出来てないけど、道のイメージは沸く。

ひげおぢさん 『次はあそこで、その次はあそこでしょ。』
おぢさんはリエゾンも覚えてしまっている。

ひげおぢさん 『ナビ、いなくてもいいよ、降りる?』
ぶぶにゃん  『(`@@´)ムフ~
          じゃぁノートは誰が読むのよぉ!!』
ひげおぢさん 『じゃぁ、ぶぶにゃん、SSのスタートで乗せてあげるよ。
         そこで待ってな。』
ぶぶにゃん  『ブ~ブ~!“(*`@@´*)ノ彡☆バンバン!!』

まずは、SS21 RERAKAMUY1、8.76km。
おぢさん曰く、

  SS21 : 朝日が眩しくて、時々目の前が真っ白になったね。
         コーナーでそうなると怖かったよ。
         
コース的には、路面は柔らかめ。
         コーナーは掘れてて轍が出来てる。
        
スピードののるストレートはあまりない。
         まぁ、関東でいえば路面のいい走りやすいコースみたいな感じ。

さぁ、スタートライン。
前の黄色いシビックが勢いよく飛び出して行く。

まずは、ストレート100、その後右6。
らんくす君スタート!

今までと違い天気が良いのはいいんだけど、その分日差しが眩しい。
コーナーを出た瞬間、目の前が真っ白!
そんなところも何箇所も出てくる。
無理せず、慌てず、落ち着いて行こう。

途中ランサーが一台横に止まっていたものの、他にコースアウト車はいない。
最終日の一本目。
みんな慎重に走っているんだろう。
ひげおぢさんも、車をいたわりながらまずは無難にゴール。
結果、61位/74台中。
シビックS選手には8秒負け。
でも、車の状態も悪くはない。
ってか、もちろんミッションは相変わらずがごんがごんいってるけど、もう信じるしかない。
うん、走ろう!らんくす君!!

次は、SS22 PANKE NIKORPET1、17.04km。

おぢさん曰く、
  
SS22 : 前半の路面は、岩とかが出てるややごつごつした感じ。
         後半は、コーション(注意)、橋が結構あって、クランク状になってるから、
        
気をつけなければいけない。
         長いストレートはあんましない。
         昨日までとは違い、下が堅くてそれなりに荒れてるから、
        
これはこれで、速く走らせると車への負担がきついかな。


     (スタート地点がもうギャラリーポイント)


    (走ってます!まだまだ走ってます!!)

結果、54位/74台中。
A7クラスでは一番手のタイムで、シビックとのタイム差を12秒縮める。
なんだか、やっとラリーらしいラリーになってきた気分。
あぁ、最初からこうして走れれば‥‥。
ブンブン(>@@< )( >@@<)ブンブン
そんなこと考えてる場合じゃない。
今を大事にしよう。
この瞬間に感謝しよう。


LEG3、最後の最後までチームスギヤマは戦い続けました。
他チームと、ラリーそのものと、そして、自分達と。

そんなこんなのお話はまた次ね。


車もぼろぼろ!人もぼろぼろ!らんくす君??~ラリージャパン2007参戦記(22)~ [ ラリージャパン2007]

『泣いたり笑ったりうれしかったり悲しかったりだね。』
昨日の夕方見たダカールラリーのTV特番。
あの増岡浩選手が言ってました。

あっ、おんなじ。(*^@@^*)えへへ♪
ぶぶにゃん達のラリーとおんなじだ。
ダカールラリーもWRCも、そしてプロもプライベーターも、同じなんですね。

というわけで、てんやわんやのラリージャパン2007参戦記第22弾です。


ひげおぢさん 『おっとっとぉ~。(◎0◎)』
ぶぶにゃん  『だから、気を付けて走ってって言ってるでしょぉ!!
          o(T@@To) クゥ

林道SSを走り終えたとはいえ、まだまだサービスパークは遠い。
まずは山を降り、さらに高速道路に乗って帰らなければならない。

ひげおぢさん 『気抜くと忘れちゃうんだよねぇ。
          ブレーキ、効かないの。ヾ(▽^;)ゞうへへ』
ぶぶにゃん  『ゆっくりでいいから、ちゃんと帰ろうよぉ。
          もう怖いのいやだよぉ。(ノ@@<。)うっうっうっ』

それにしても、背中が痛い。
スーパーラリー適用を決め、気が緩んだのだろうか。
背中とシートの間に手を入れてみたり、さすってみたり。
でも、痛さは増す一方、吐き気すら出てくる。

早く帰りたいよぉ。(ρ@@;)ぐすん

途中、サービス隊に電話連絡。
車の状況を伝える。

ひげおぢさん 『ブレーキホース、持ってきてたかなぁ。』

でも、今はサービス隊に任せるしかない。
うちらはとにかく無事に帰ろう。
ってか、気抜かずに運転してぇ~!!

 

やっとのことで、なんとか辿り着いたサービスパーク。
遠くには、OBIHIROスーパーSSのスタートを待つラリー車達が見える。
照明に浮かぶその姿。

一緒に走りたかったなぁ‥‥。
ちょっと寂しい。

いや、ぶぶにゃん達だってまだ戦ってるんだ。
それに、これから、またメカニックさん達の戦いが始まる。
早く、テントに向かおう。

 

でも、実は、この後あんまし記憶がない。

あまりの背中の痛さにコンテナハウスで倒れこんだぶぶにゃん。
そういえば、ひげおぢさんに足蹴にされたような‥‥。

しまいにゃぁ、なんとスポンサー様としてめちゃくちゃ協力して下さってるTRDのIさんにマッサージしてもらう始末。

遠く東京からこのラリージャパン応援に駆けつけた名ナビゲーターMちゃんもコンテナに遊びに来てくれた。
(実はMちゃんは、以前ぶぶにゃんのナビをしてくれたこともあり、そのとき初めてペースノートってもんを教わったというぶぶにゃんとっての大先生でもある。)
でも、正直まともに会話できた記憶がない。

監督から調べものをするようにと指示を受けたものの、気がついたら、机に突っ伏してそのまま寝ていたのである。

その間、メカニックさん達はもちろん、らんくす君と奮闘。
監督も部品調達で走り回ってたらしい。
(ブレーキホースは結局、ダイハツさんが荷物から探して譲ってくれたのである。感謝、感謝。)


(北海道の寒さの中、メカニックさんの戦いは続く。)


(昨日、木片で作ったミッション用臨時ストッパーに変わって、新しいストッパーが作られてた。
ぶぶにゃん達が走っている間に準備していてくれたのである!!)


(らんくす君ってば泥んこ、べこべこ。)

その間、実は、あったかいコンテナハウスの中で、ぶぶにゃんぐっすり。
〃(∪@@∪) ぐぴ~ぃzzZZ

チーフ 『もうすぐ終わるぞぉ。』

(ρ@@-)ねむねむ
目が覚めたときはもうすっかり深夜。
一体、メカニックさん達は何時間作業をしていたのだろう。
みんなぁ~、ありがとぉ~。(ノ@@<。)うっうっうっ

だいぶ背中も楽になってる。
マッサージしてもらったり、ゆっくり寝させてもらっておかげである。
みんな、本当にありがとぉ。

監督 『さぁ、早く宿屋に帰って休みなさい。』

昨日に引き続き、メカニックさんだって極寒の中、長時間の作業を強いられている。
でも、パルクフェルメに車を入れたぶぶにゃんとひげおぢさんに、先に宿屋に帰るようにと監督は指示。
それも、TRDのIさんの運転で先に宿屋まで送ってもらう。

ありがとぉ。
みんなほんとにありがとぉ。

お風呂入って、今日は一分でも早く寝るよ。
だって、明日があるんだもん。
明日また、ラリーが出来るんだもん。

プル、今日もありがとう。
明日もがんばるよ。
お休み、プル。


さぁ、とうとう残すはLEG3。
無事にゴールまで辿り着けるのか、らんくすの真の実力は見られるのか。
そんなこんなのお話はまた次ね。


まだあきらめない!作戦断行!らんくす君??~ラリージャパン2007参戦記(21)~ [ ラリージャパン2007]

昨日は、ぶぶにゃんが所属させてもらってる、フィリー・オート・スポーツ・チームの新年会。
食べて飲んでいろんなお話聞いて。
とっても楽しかったです。

そんな中、ブログのお話も出ました。

ぶぶにゃんだけでなく、FILLYにも他にブログしてらっしゃる方がいます。
ラリーのドラもナビも出来る今やレーサー!のブログです。
こちらもぜひぜひご覧下さいませ。

で、飲んだので、帰宅後はとりあえず“ウコンの力”
これは効きます。
飲んだ後でも効きます。
次の日に全然残らない!!

って安心してたら、朝もはよから激痛に襲われました。

痛ぁ~い!!

足がつったんです。

はぁはぁはぁ。
悲鳴をあげつつ、息もぜぇぜぇ。
あまりの痛さに吐き気も。

(=^‥^=)ニャ?

にゃんこ達もわらわら寄ってくるものの、さすってくれるわけでもなく‥‥。
あぁ、お前達‥‥。

久々の足つり。
痛かったぁ。(・@@・、) グスン

お酒と足つりってなんか関係あるんでしょうか?

というわけで、てんやわんやのラリージャパン2007参戦記第21弾です。


ぶぶにゃん  『気を付けて走ってね♪』

ひげおぢさん 『llllll(-_-;)llllll ずーん』

まだ、林道SSが2本残ってる。
SS17のNIUEOは20.75km。
SS18のSIPIRKAKIMはSHORTとなり、4.67km。
でも、そのスタート地点まで、午前中SSコースとして使った林道を延々走らなければならない。

ブレーキがほとんど使えない状態でこれを走るってのは、非常に酷。
そんなこと、分かってる。

でも、でもね、ここはナビとしての計算ってのもある。

ブレーキホースも作りなおさなければばならない。
いや、それ以上にミッションの問題がある。
LEG1でなんとか治したミッション。
これだってまた再補強しなければ、LEG3は無理だろう。
いや、それですら最後までもってくれるかどうか‥‥。

これは絶対、今晩もスーパーラリールールを使って、サービス時間を確保しなければならない。

そこで、問題となるのが、減点。
WRC規定をざっとまとめると、 

 (1)リタイヤした全てのステージに対してそれぞれ5分減点。
 (2)Legの最後のステージでリタイヤの場合は10分減点。
 (3)ノンプライオリティドライバーの場合は、
    そのクラス最速タイムに5分加えられたタイムを適用。
 (4)最終ステージ後にリタイヤの場合、その最終ステージをリタイヤしたとみなす。

である。

でも、英語の訳にちょっと自信がなかったぶぶにゃん。
お昼のサービスの時点で、F監督にお願いし、オフィシャルにルール確認をしてもらっていた。
だから間違いない。

実はこの時から作戦を考えていたのである。

我々のチームはサービス時間を稼ぐために、今晩もスーパーラリーを使いたい。
で、今日最終SSであるSS20 OBIHIRO4を走りきって離脱した場合、(2)と(4)から減点は10分。
SS20前に離脱した場合、(2)から減点は10分。
一個前のSS19 OBIHIRO3で離脱した場合、(1)からSS二つ分で減点は10分。

そう、SS19前に離脱しても減点は変わらないのである。

SS17 NIUEO2とSS18 SIPIRKAKIM SHORT をなんとか走りきり、その後離脱すれば、減点は10分で抑えられる。
それに、サービスパークまでへの道のりも時間を気にせずゆっくり帰れる。

 

ぶぶにゃん  『気を付けて走ってね♪』

だから、これがナビとしてのぶぶにゃんの判断、お願いだったのである。

ひげおぢさん、以前のラリーでは、言う事聞いてくれなくて大減点なんてこともあった。
もうチェックが来るぅぅ、時間が早過ぎるぅぅって言ったのにぃぃ、(`@@´)ムフ~ってね。

でも今はもう、こういったナビ判断に対しては、ちゃんと聞いてくれる。

ひげおぢさん 『ひどいよねぇ、うちのナビ。
          あの状態で走れって言うんだから!ε- (^、^; ふぅ』

まぁ、その後散々文句言ってたけどねぇ。

あっ、そうだ。
今回、ひげおぢさんがドラとして、ナビぶぶにゃんの言う事をきいてくれなかったことがひとつだけある。

ぶぶにゃん  『今回のラリーも負けないでね♪』
ひげおぢさん 『(・・A;)あせあせ』

 

さぁ、SS17 NIUEO2 20.75km。
あたりはもうすっかり真っ暗。
スタート時、なぜか赤くチカチカ点滅を始めたGPSシステム。
スタートタイムを遅らせ、現場のオフィシャルに確認してもらい、無事スタート。

決して道の状態は良くはない。
オンボードカメラもスタート直後、なんと10秒後にもう衝撃で下を向いていた。
カメラ本体を入れていたネット状の小物入れ。
ドアに固定していたものの、衝撃でネットがちぎれ吹っ飛ぶ。

怖いよぉ。

それでも、74位/78台中でなんとかゴール。
後でリザルトを見ると、A7インテグラのT選手より2分20秒落ち。
でもリタイヤで減点5分くらうよりは少ない。

 

もう昨日のスーパーラリーで大量減点をくらっている。
順位で言えば、もう‥‥。

でもまだ、我々のラリーは終わっていない。
出来る限り少ない減点で、できるかぎり良い走りでゴールしたい。
だから、ラリーはこびにもこだわる。

よし、作戦はうまくいっている!!

 

次はSS18 SIPIRKAKIM SHORT 4.67km。
長い林道を抜け、スタート地点へ。
過去にここは何度も走った。
だけど、こんなに真っ暗になってから走るのははじめて。

スタート直後、真っ暗の中、ライトに反射した三停板が浮かび上がる。
ハザードはたいているものの、ひっくり返って逆さまになった競技車。
その先には、横を向いて刺さっている別の車もいる。

この先はギャラリーコーナー。
でももう、こんな遅くに観客なんていないだろう、見えないだろうし。

ところが、遠くの斜面に明かりが見える。
観客達だろうか。
この暗がり、それもこの寒さの中で、まだ残っているお客様がいる。
きっと、車なんて見えないだろう。
ライトの動きを追うぐらいしか出来ないだろう。
でも、まだ見ていてくれるんだ。

がんばろう。
きっと、今のらんくす君のライトの動きは遅い。
出来ることなら全開走りを見せたい。
でも‥‥。
いや、それでもがんばろう。

ここは61位/78台中でゴール。
と言っても、後ろの順位は既にスーパーラリー適用でプラス5分のタイムとなってる車ばかり。
それでも、T選手の46秒落ち。
タイムロスを最小限に食い止めたと考えていいだろう。

 

ここまで走りきれれば作戦成功である。

 

さぁ、帰ろう。
サービス隊のみんなのところへ!


ラリー二日目。
実はもう、人も車も悲鳴をあげていまいた。
でも、まだまだチームスギヤマ全員の戦いは続きます。

そんなこんなのお話はまた次ね。

 


前の10件 | -  ラリージャパン2007 ブログトップ
メッセージを送る