So-net無料ブログ作成
検索選択

レーシングスーツいつ買うか、今でしょ!? [ ラリーその他]


国内でも毎週のように公式ラリーが開催されている。

ぶぶにゃんには、ラリー車らんくす君がいる。
メンテしてくれる人もいる。
一緒に組んでくれる人もいる。

 

『でも』や『しかし』
こういった接続詞が邪魔をしている。

じゃぁ、いつやるか、今でしょ!

 

(*>@@<*)ぷっー

 

なぁ~んて、流行りの自分突っ込みして吹いたりしてみてねっ。

 

とは言え、メットもレーシングスーツも昨年燃やしちゃったんでねぇ‥‥。
Demon Tweeksの今年のカタログを見てみたり、
ネットでいろいろ検索してみたり。

 

でも、問題はそのサイズ。

昨年のラリーが終わって、ぶぶにゃんの体重は御多分に漏れずアベノミクス状態。
(Y君曰く、このウェイト上がり調子を、“ぶぶノミクス”とか?)
燃えてしまったから今や検証できないものの、
今、あの時のレーシングスーツを着たら間違いなくぱっつんぱっつん。

そんなこの状態で、レーシングスーツ新調ってのは危険なわけです。

まぁ、身長とおヒップのバランスを見ると、
男性に合わせた既製品のサイズにはそもそも合わないわけで‥‥。

 

で、いくつかの通販ショップにメール!

『当方、女性で背は小さ目、ちょっとぽっちゃり気味。
今までもなかなかサイズが合わせが難しかったのですが、
御社の商品は、購入・試着後にサイズ変更は可能ですか?』

 

Y君     『ぽっちゃり目?ちょっとだけ??』

手裏剣それ!( -@@-)ノ ------ -=≡卍-_- )グサ!

 

しかぁ~し!
女心に冷たいひげおぢさんやY君と違い、
通販ショップ様はみんな優しかった! 

ショップ 『過去にも女性ユーザー様に販売しておりますが、
       腰回り、胸周りのサイズが合わないことが多いです。』

そうよ、そうなのよ!
腰回り、おヒップなのよ!
(*'@@')(,,*)(*'@@')(,,*)うんうん

それも問い合わせた3件のショップはみなサイズ変更OKの返答。
あぁ、さすがプロ!ショップの皆様は乙女心を分かってらっしゃる。
o(・@@・;。)ジーン・・(感動)

 

となると残る問題は、お値段とデザイン!

レーシングスーツは単色系ではなく、
サイドにラインが入っていることが重要。
これが、以前から提唱しているぶぶにゃんのレーシングスーツ理論。

SN314646改.jpg SN314644改.jpg

3年前に、既に実証実験済み。
右の方が明らかにくびれてるでしょ!

さらに昨日はY君とのディスカッションを深め、
そのサイドラインの形状も重要という結論に至ったのであ~る。
あとは、色。
で、画像処理ソフトを使って、色替えシミュレーションをしたみたりして。

 

気持ちはだいぶ盛り上がってきちゃってるん♪
でも、もう少しはダイエットしてからレーシングスーツ買いたいなぁ。
ラリーの準備ってほんと大変だなぁ。
と、実感してまぶー。

 

というわけで、それでもね、乙女心は複雑なのよんってなお話はまた次ね。 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 2

生形(うぶかた)

ぶぶにゃんさん

初めまして
何年か前にぶぶにゃんさんが「出来ない理由をいろいろ見つけて言っているだけ。」「忙しい。もう年だから。資金がない,,,etc.」「そんなの理由じゃない。逃げてるだけ。」なんてことを言っていました。(当時は「今でしょう」なんて流行言葉はありませんでしたのからね)
今年の10月で59歳になるおじさんは、サラリーマン人生最後を迎え、20数年ぶりにダートラを再開するため、去年の5月に中古のフィットを買い、家内の目をごまかしながら??やっとダートを走れるまでにして、先月丸和の練習会に行きました。
今年は何戦か公式戦に出てみようと思います。
ぶぶにゃんさんに背中を押され、一歩踏み出してしまいましたが、ん~~ん、はてさてどうなるか・・・
こんなおじさんもいるということで・・・

生形(うぶかた)

P.S 大き目を買っておいた方がいいですよ。(笑)
by 生形(うぶかた) (2013-04-21 20:53) 

ぶぶにゃん

生形さん、こんばんは。

いいですね!ダートラ!!
やりたいという思いがあるなら、“今でしょ!”
是非、頑張ってください。

あたしの場合はですねぇ。
『出来ない』んじゃないんですよ。
だって、出来ない理由なんてどこにも誰にもないんですもん。

『やりたいなら、なんとかしてやれる方法を考えればいい。』
昔っから、そうひげおぢさんにも言われてましたしね。

そうじゃなくて、『やらない』っていう方が正解。
自分の中で、やる熱意ってのが出てこなくて。
他にやりたいことが出来たわけじゃないんですが、仕事なり日常に追われ、いやっ、追われてる自分にどこか納得してるんです。

どうすれば熱意が戻るのか、そう考えたこともありました。
でも、熱意なんてそもそも作るものじゃなくて自然に湧いてくるもん。
ないならないで、それが今のあたしでいいんじゃないかって。

だから、出来ないなんてこれっぽっちも思ってないし、そういうのって言い訳だと今でも思ってます。
『出来ない』と『やらない』は全然違いますから。

とか考えながらどこか未練がある。
だから、ラリー車を手放せない。
なんか話が出てくると、気分も盛り上がっちゃったりする。

『やめる』って言わないところがあたしのぐずぐずなところです‥‥。
by ぶぶにゃん (2013-04-21 23:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る