So-net無料ブログ作成

御岳スノーフェスティバル♪(5) ~さよならあたしのタイヤ君!でも来年は!!編~ [ 自動車その他]


前後タイヤ交換、ショック硬さ調整、ショックの緩み締めなおし。
あと一本を走りきれば!
そんならんくす君の3本目のトライアル。

ところが、予想外のちょー怖いらんくす君。
(T@@T) ウウウ
雪壁に半刺さりのらんくす君。
もうだめかも、そんな時‥‥。

 

ヽ(’@@’*)ノあ!

 

ぶぶにゃんの思いが通じたのか。
少しずつ前に動き出したらんくす君。

でも実は‥‥。

ぶぶにゃんこの後またまた記憶がない。
記憶が戻るのはゴール前、最後のコーナー。
ゆっくり徐行で通過したぶぶにゃん、実は涙目。
前が霞んでた‥‥。

だって、まぢ怖かったんだも~ん。
(ノ@@<。)うっうっうっ

 

Y君      『どうでした?』

ぶぶにゃん 『ちょー怖かったよぉ。
         全然違うのよぉぉぉぉ。』

まぢっ、死ぬかと思った。
こんなに怖い思いしたの、ほんと久しぶり。
ラリージャパンだって、刺さったって、転倒したって!
こんなに怖くなかった‥‥。

 

ぶぶにゃん 『ショックの調整でこんなに変わっちゃうんだね。
         舗装練で知ってたつもりだったんだけど。
         雪でもこんなに違うんだっ。』

Y君     『そうですよ!』

ぶぶにゃん 『すっごく勉強になったよ。(*'@@')(,,*)(*'@@')(,,*)うんうん』

 

てぃらちゃん 『どうでした?』

ぶぶにゃん  『舗装で怖かったら、超徐行にすればいいんだけど、
         雪の上りのFFだと止まっちゃうわけには行かないから‥‥。
         泣きながらアクセルって感じっ。』

てぃらちゃん 『そうなんだぁ。』

ぶぶにゃん  『今の最後の一本なんて、
         外から見たらちょー遅い、よぼよぼふらふらだけど、
         車内は壮絶なドラマ状態よ。
         二時間映画なら、ラスト20分。
         大河ドラマなら11月ぐらい。』

てぃらちゃん  『ちょー楽しそぉぉ~!(^▽^笑)』

ぶぶにゃん  『違うってばぁ、ちょー怖かったんだよぉぉぉ。
          (ノ@@<。)うっうっうっ』

てぃらちゃん  『でも、いいなぁ、あたしも走ってみたいなぁ。』

ぶぶにゃん  『うんうん。
          てぃらちゃんも来年は一緒に走ろうねっ。』

 

何はともあれ、3本走り終えたぶぶにゃん。
止まらないで済んでよかった‥‥。
道、塞がないでよかった‥‥。
ほんとによかった‥‥。

 

走り終えた全車はスタート地点、そして集合場所だったお祭り広場へ。
らんくす君もスパイクからふつースタッドレスにタイヤ交換して移動。

ふつーに一般道を戻るだけなんだけど。
運転し始めたらぶぶにゃん頭が真っ白。
さっきの最後の一本の恐怖感が戻ってきちゃう。
こっ心の動揺が‥‥。

いったん、道の脇にらんくす君を止めて深呼吸。

ゆっくりお祭り広場へ戻って。
荷物を積み込んで。
あったかい飲み物飲んで。
ちょっと一息。
ほっ。

タイムなんてどうこう言えるレベルじゃない。
でも‥‥。
まだ2回目の雪道体験。
なのに、ほんとにいろんなことを勉強させてもらった。
久々のちょースペシャル恐怖感も‥‥。
ヾ(@@^;)ゞうへへ

タイヤっていろいろあるんだなぁ。
ショックの調整ってやっぱすっごい大事なんだなぁ。

ってか。
どんな状態でもそれをなんとかコントロールして走れちゃう人ってやっぱすごいんだなぁ。

ぶぶにゃんには‥‥。
無理、無理、無理‥‥。
改めて実感‥‥。

 

でも‥‥。
また雪遊びしたいな。
もっともっと練習したいな。
あんなに怖い思いしたのに‥‥、そう思えちゃう。

 

だって、オフィシャルの皆さんも、
参加してる皆さんも、
とっても優しかったんだもん。
なんだかんだ言って、へたくそぶぶにゃんもちゃんと走らせてもらっちゃったんだもん。

そう。
こうして今年、雪道初体験させてもらえたのも、
雪博士様ならびにたくさんの方々がフィールドを守ってくれているおかげなんだなぁ。
すっごい、ありがたいことなんだなぁ。
こういう努力が、モータースポーツの現場を支えてるんだなぁ。

 

表彰式を終え、
そんなことを考えながら中央道を走るぶぶにゃんなのであった。

(*'@@')(,,*)(*'@@')(,,*)うんうん

 

で、時は流れて一週間後。
オープンロードに行ったぶぶにゃんとらんくす君。

ひげおぢさん 『捨てだよ、捨て捨て!タイヤ、捨て!』

ぶぶにゃん  『(T@@T) ウウウ』

CA3G1178改.jpg

改めて見ると‥‥。

ぶぶにゃんのスパイクタイヤ。
いえっ、元スパイクタイヤでしょうか‥‥。
あたしのマカロニちゃん‥‥。

 

こっちは比較的ピンが残ってるタイヤ。

CA3G1179改.jpg 

これもそれなりに抜けてるけど、フロントに履いてたのと比較すると‥‥。
これがFFの威力!?!? 

 

ぶぶにゃん 『こんなに抜けちゃったんですね。』

Tまさん   『こりゃぁ全然だめだね。』

(T@@T) ウウウ

 

ぶぶにゃん 『ヽ(’@@’*)ノあ!
         ねぇねぇTまさん!
         めちゃくちゃ遅かったけど、へたくそだったけど。
         でも、このタイヤで道を塞がないで走りきったんですよ!
         ちょっとだけ、ぶぶにゃん、自分を褒めてもいい?』

Tまさん   『うんうん、褒めていいよ。』

オープンロードに遊びに来てた先輩のTまさん。
荷物片付けを手伝ってもらって、おしゃべり。

 

ぶぶにゃん  『でもさぁ、氷上でもこんなには抜けなかったよね。』

ひげおぢさん 『古いからだよ。
          ぶぶにゃん、いつのタイヤだと思ってんの!
          セリカの頃、買ったやつでしょ。』

たしかに、このスパイクタイヤ。
せりかちゃんの頃ってことはもう4、5年前。
それもヤフオクで買った中古だから‥‥。

ひげおぢさん 『ゴムが硬くなってるんだよ。
          だから、抜け始めるとあっという間にいっちゃうんだよ。』

(´・@@・`)ぶひぃぃぃ。

Tまさん    『たしかに、ブロックごと割れてなくなってるね。』

 

ぶぶにゃん  『ぶぶにゃんねっ。
          また来年雪遊びしたいなぁ。
          それにね、Y君はね、とんがりピンのスパイク結構良かったって言うの。
          全然、抜けてなかったよ。』

ひげおぢさん 『それは新しいからじゃない!』

ぶぶにゃん  『(●`@@´●)ぶー』

 

ぶぶにゃん  『今年さぁ。
          ふつースタッドレスより、ラリースタッドレスのほうが全然がいいって知ったじゃん。』

ひげおぢさん 『で?』

ぶぶにゃん  『古いスパイクもだめだって知ったし。』

ひげおぢさん 『で?』

ぶぶにゃん  『あのとんがりピンスパイクとラリースタッドレス。
          どっちがいいのかなぁ?』

ひげおぢさん 『スノータイヤにそういうピン打ったら?』

ぶぶにゃん  『ヽ(’@@’*)ノあ!』

ぶぶにゃん、またまた物欲全開! 

ぶぶにゃん  『とんがりピンスパイクタイヤっておいくらぐらいなのかなぁ。
          雪博士様に相談してみよっかなぁ。
          いやいや、その前にお金貯めないと!!』

 

さよなら、今年のぶぶにゃんのスパイクタイヤ君。
そして、きっと、来年は。
こんにちは、新しいスパイクタイヤ君。
会えるのを楽しみにしてるよ。

(*^@@^*)ムフッ
欲望‥‥。
いえっ、ぶぶにゃんの夢はまだ尽きないっす。

だって‥‥。
涙目になるくらいの怖さも味わったけど‥‥。

それでも!
それをも越える!
雪遊びの楽しさも知っちゃったんだも~ん。

それに!
こんなぶぶにゃん&らんくす君でも!
ちゃんとオフィシャル様、そして他のエントラントの皆様は、
一緒に走って!いえいえっ、がっつり面倒見てくれたんです。
ほんとにあったかいんです。

運転上手な人はもちろん!
へたっぴでも走るのが大好きなら!
その想いがあれば、きっと大丈夫です!

競技屋さんもそうでない人も。
来年、みんなで走りましょう!
長野を走りましょう!

走れる大事なフィールド。
みんなで守って行きましょう!
みんなで楽しんじゃいましょう!

 

というわけで、車遊び、何年やってもまだまだ新しい発見があるんだなぁ、きっと今年だってもっともっと!ってなお話はまた次ね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る