So-net無料ブログ作成
検索選択

御岳スノーフェスティバル♪(2) ~そして、スパイクタイヤ!編~ [ 自動車その他]


2月13日のスノーチャレンジ。
らんくす君とともになんと!ぶぶにゃんがチャレンジ!!

まずはレキだったのですが‥‥。

 

んぎゃぁ~~~!!!

ヒイィィ!!(゜@@゜ノ)ノ

 

緩いコーナーを抜けた次のコーナーでもう雪壁にぶっ刺さり‥‥。

まだ、レキなのに‥‥。

恥ずかしいやら、焦るやら、理解できないやら。
頭ちょーぱにっく!

ハンドル左右に振りながら、一速に入れたり、バックにいれたり。
やばい、やばいよぉぉぉぉ。
はまってるよぉぉぉぉ。
ヒイィィ(゜@@゜;三;゜@@゜)ヒイィィ

 

あっ!
動き出した!!

がんばれ、がんばれっ、らんくす君。
レキで救出になったらめちゃくちゃ恥ずかしい。
お願い、らんくす君!

思いが通じたのかなんとか脱出成功。

 

落ち着けぇ、落ち着けぇ、ぶぶにゃん落ち着けぇ。
ゆっくり行こう、ゆっくり。

ところが!!

 

コーナーが来てハンドル切ると、ぴゅん!ってリアが急激に出る。
もち、慌ててハンドルを戻すものの、
ぶぶにゃんにはコントロールなんて出来ないもんだから、
その後もふ~らふら。

ぴゅんぴゅんふらふら、ぴゅんぴゅんふらふら。

スパイクタイヤってこんなんなのぉぉぉ!?!?!?
この前のラリースタッドレスとは全然違うよぉぉぉ。

。・・o( i@@i )o・・。うぇぇぇぇん

 

なんとかゴール地点にたどり着いて‥‥。

ぶぶにゃん 『かくかくしかじかで、ちょー怖いよぉ。
         無理、無理、ぶぶにゃんには無理!
         もう、おうち帰りたいよぉぉぉ。』

 

それを聞いたY君。
なにやららんくす君のリアショックをいじってる。

でもぶぶにゃんにはよくわかんない。
気持ちは後ろ向き全開なまま、スタート地点へ。

CA3G1174改.jpg 

 

今日の3本。
絶対ぶぶにゃんには無理なような気がしてきた。
無事に走りきれる気がしない。

練習会なら、刺されば引っ張り出してもらえばいい。
あとでずっと笑われるのさえ我慢すれば。
でも、今日はトライアル大会。
刺さったら、進行の邪魔になっちゃう‥‥。
後ろに迷惑かけちゃう‥‥。

舗装だったらゆっくり走ればいい。
でも、ここは雪道、それも上り。
一度止まったら、FFじゃぁそのままスタックになっちゃうかも‥‥。

。・°°・(*/@@\*)・°°・。えーん

ぶぶにゃん、どうすればいいのぉぉぉ!?!?
やっぱ、雪道2回目でトライアルなんて無理だったんじゃないのぉぉぉ!?!?

 

悲しくなってるぶぶにゃんに、前々ゼッケン黒マーチのKさんが声をかけてくれた。

スパイクはアクセル開けてないと、むしろ危ないということ。
ハーフでもいいからアクセル開けて、落ち着いてゴールを目指せばいいということ。
心配だったら、後ろゼッケンと時間をあけてもらうよう頼んでみたらいいんじゃないかってこと。

いろいろ教えてくださった。
いっぱい励ましてくださった。
ほんとありがたかったっす。
☆:*:゜・ヾ(;@@; ) 感謝感激

 

そうこうしてるうちに一本目のスタート。

ぶぶにゃん  『すみませぇ~ん!
          後ろ、いっぱい離してスタートさせてください。』

オフィシャル 『えっ?』

ぶぶにゃん  『ぶぶにゃん、ちょー遅いんです。
          絶対無理です、追いつかれちゃう。
          さっきのレキでもう分かりましたから!』

オフィシャル 『じゃぁ、2分あけましょう。』

ぶぶにゃん  『2分で足りるかなぁ‥‥。』

オフィシャル 『大丈夫ですよ。
         がんばって!』

通常なら1分間隔スタートのところ、
ぶぶにゃんのお願いを聞いてくれたオフィシャル。
あったかいっす。
ほんとありがたかったっす。
☆:*:゜・ヾ(;@@; ) 感謝感激

 

オフィシャルも、選手もみんなほんとあったかい。

そういえば‥‥。
ぶぶにゃんがドライバーしてたのなんてもう5年以上前。
でも、あの頃もみんなあったかかった。
へたくそでも遅くても。
みんな笑って、頑張ろうって。

そうなんだよなぁ。
これもモータースポーツの現場なんだよなぁ。

 

オフィシャル 『30秒前!』

5・4・3・2・1、スタート!

とりあえずアクセルを踏む。
さっきレキで突っ込んだコーナー。
ここはちょーゆっくり、でもアクセルは踏んでクリア。

ほっ。

でも、もちろんコーナーはまだまだいっぱい。
コース自体は6kmぐらい、まだまだ先は長い。

レキを思い出す。
さっきは、リアがぴゅっと出た。
だから、サイドブレーキなんてむしろ全然ひく必要がなかった。
そうだっ、もうサイドブレーキを引くことは考えないようにしよう。
両手をしっかり使って、ハンドルを回すこと、戻すことを必死に考えよう。

 

あっ。

コーナーが来て。
アクセルオフか、ブレーキで減速して。
ハンドル切ると頭が入る。
そのままアクセル踏み込むと、くぅって車が回りこんで行く。

Y君が何かいぢったからか。
Kさんのアドバイスのおかげか。

レキの時ほどふらふらしない。
それでも、ラリースタッドレスよりはごつごつふらふら、
スピードも乗らなくて、なのに怖いのは変わらないけど。
でも、レキのときよりだいぶいい。

回り込むってことは、アクセルの踏み具合で曲がり具合も変えればいいのかしらん?
ハンドルはとにかく、切る!戻す!切る!戻す!かな?

あと、ゴールまでもう半分くらい。
どうすればいいか、一生懸命考えながら走る。

ひげおぢさん 『ぶぶにゃんは慌てちゃうからいけないんだよ。』

この前言われた言葉も思い出してみる。
無理しない!とにかく無事にゴールまで行くんだっ!
だから、コーナー前はしっかり減速して。

ぶぶにゃんがんばれ!らんくす君がんばれ!
もぉ自分で自分を応援‥‥するしかない!!

 

ところが!
前方に見えて来たのは!!

 

というわけで、たった1日、たった6km、たった3本、いえいえ、ぶぶにゃんにとって得るものはいっぱいいっぱいあったんだなぁってなお話はまた次ね。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 1

安心サポート

(/∀\*))★ http://sns.b8y.in/
by 安心サポート (2012-08-16 11:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る