So-net無料ブログ作成

ラリージャパンに参戦すること。~チーム監督~ [ WRCよもやま話]


ラリージャパン参戦。
何度目であっても、それはぶぶにゃんにとっておっきなこと。

今まで参戦記、書き続けてます。
いっぱいいっぱいドラマがありましたしね!

でも、それはやっぱり表舞台的な日記。
もちろん、ぶぶにゃんの想いをいっぱい込めて書いてるつもりですが‥‥。

でも、もっともっとあるんです。
それまでの国内ラリー参戦とは違う。
ドラやったり、ナビやったりっていう、それはそれでもちろん楽しかったラリーとは違う。
そういうことが。

 

今また、今年のインターラリー参戦に向けて少しずつ動き始めてます。
無我夢中だった4年間に比べると、必死だけどもどこか落ち着いてます。

だから‥‥。

そこらへんのこともちょっと書いてみようかなぁって。
参戦記の番外編かな。

 

ってなわけで、今日は、まずチーム監督についてです。

 

それまでのぶぶにゃんにとっての国内ラリー参戦は、ドラがいて、ナビがいて。
サービス隊は知り合い(所属してるチームの他のメンバーや、仲の良い他のチームのメンバーとか)。
以上!!
でした。

そのラリーのために、特別にチームを組むなんてことはなくって。

でも、ラリージャパンは規模が違う。

場所も北海道。
横浜からは遠~い。
こちらからメンバーが行くにも、土日のみを使ってってわけにはいかない。
行き帰りもみんなでサービスカーってわけには行かず、フェリー使ったり、飛行機使ったり。
別途宿屋の予約も必要。
それに本番だけでもセレモニアルスタート入れて4日間。
レキやら車検やら入れると、実質1週間。
チームメンバーだってばらばら、いろんなチームから集まった精鋭メンバー。
そんないろんなメンバーが出たり入ったりしながらってのを考えると、結構長丁場、毎日がばたばたです。

ぶぶにゃんもラリージャパン参戦初年度‥‥。
初めてだらけの毎日と、思った通りに事が進まないいらいら感で、神経ぷっつんしてしまいました。
あとで、他のエントラントに大笑いされることになるプチ家出事件まで起こしてしまいました。
"(ノ@@・、)"グスングスン

そんなぶぶにゃんを察してか、んにゃっ、ぶぶにゃんがキレるのがめんどいと思ったのか。
次の年からひげおぢさんが呼んできたのがFさん。
WRC参戦経験もあり、国内の有名ドライバーと共に全日本ラリーも戦った往年の名ナビゲーター。

 

ひげおぢさんより年上。
てか、誰よりも年上。
その上、顔も広い。

やっぱね、こういう存在って大事です。

そうです。
チームスギヤマの初代監督です。

 

ラリー週間に入っちゃうと、ぶぶにゃんどうしても余裕なくなっちゃう。
でもね、監督が居てくれると、お願いも言えるし意見も言える。
悪いなぁとは思うんですけど、それを抑える余裕がないんですよね。
といって、そういった事の矛先をドライバーにしたくないし。
そんな時、 こういう人がでぇ~んと居てくれるとねっ。

ぶぶにゃん、ナビとして言いたいことあれば監督に受け止めてもらって。
逆に、言いにくいことは、監督が言ってくれる。
その上で監督が決めてくれる。

だからね、監督って大事。
安心っていうんですかね。

 

監督って言うと、野球の監督とか、サッカーの監督とか。
選手交代とかサインとか、スポーツニュース見ちゃうと、それが采配って感じちゃうけど。

そういうスポーツだって、きっと監督の存在、役割ってそれだけじゃない。
ほんとはもっと違うんだろうなぁって思います。

 

Fさんにはまた今年も監督してくださいってお願いしました。
もう4回目ですね。
Fさん、お仕事忙しい中、今年もまた引き受けてくれました。
感謝です。( ・@@・)( -@@-)( _ _)

 

インターラリーのチーム構成がこうでなくちゃいけないっていうルールはありません。
(ワークスはメカニックの人数が制限されてたかもしれないけど。)
ぶっちゃけ、ドラ、ナビがいれば出れます。
で、メカニックっていうかサポート隊が居ることが望ましいってぐらいかな。

でもね。
プライベーターチームであっても、ほんとは“監督”がいるといい。
それも、ドラよりナビよりメカニックよりみんなより上、いろんな経験を持った方がねっ。
そう、ぶぶにゃんは思ってます。

だから、ぶぶにゃんにとって、監督なしのラリージャパン参戦チームってのは考えられない!
そんなことになったら、またプチ家出しちゃう!?!?
ヾ(@@^;)ゞうへへ

 

というわけで、あとね、マネージャーって存在もほんとは重要なんでないかしらんってなお話はまた次ね。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 4

XJRR2

確かに、ラリー北海道くらいの長丁場になるとラリー全体の流れを把握して指示を出す人が必要かな~と。
そのほうがメカニックやコドラの負担が軽くなるし。
(しかし今は監督より、メカニックとトランポを確保したいです。)
by XJRR2 (2010-01-27 12:52) 

ぶぶにゃん

XJRR2 さん、こんばんはぁ。

指示っていうか、心の支えになるおっきな人が必要なんですよね。
サポート部隊も参戦回数を重ねて経験を積むと自分でちゃんと動ける。
でもね、それだけじゃだめなんです。
う~ん、やっぱしうまく伝えられないなぁ。
ごめんなさい。

それにしても、ラリーのメカニックさんって難しいですよね。
単に整備が出来ればいいってわけじゃない。
臨機応変、どんなことにもあきらめないで知恵を振り絞って対応してくれる武者が必要。
幸いぶぶにゃん達のチームは今までそんなメカニックさんに恵まれてました。(@^@@^@)
そこらへんはまたどこかで書きましょう。

あっ、トランポは考えたことないです。
自走が基本。
横浜から北海道まで。
自分で運転して持ってって、自分で運転して持って帰って来る。
これが基本。
なので、何があってもとにかく帰れる、走れる状態にしてくれるメカニックさんの力ってのが重要になってます!
by ぶぶにゃん (2010-01-27 23:39) 

XJRR2

メカニックはぜーたく言わないから、週末に来てくれる本職の人がいてくれたら、それだけでもありがたいです。
トランポはこの場合車用じゃなくてサービス隊用のテントとか発電機とかガレージジャッキを全部収納できる車です。軽ワゴンとかに小分けして運んでいますけど・・・。
by XJRR2 (2010-01-28 08:19) 

ぶぶにゃん

XJRR2 さん、こんばんはぁ。

たしかに、荷物運びに全部収納ってのは難しいですよねぇ。
ぶぶにゃん達も、サービスカーはミニバンです。
今までは、セレナとラリー車で自走して行くって組み合わせが多いかな。
でももちろん、セレナだけじゃ乗り切らないから、ラリー車にも荷物満載!

でもね、やり方はそれだけじゃないんですよね。
メカニックさんだって!!

4回のラリージャパン参戦で、いろいろ勉強させてもらいました!
近県のラリーに行くのとは違いますもんねっ。

そこらへんのお話も、おいおい書いて行きますね♪
by ぶぶにゃん (2010-01-28 21:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る