So-net無料ブログ作成
検索選択

車もぼろぼろ!人もぼろぼろ!らんくす君??~ラリージャパン2007参戦記(22)~ [ ラリージャパン2007]

『泣いたり笑ったりうれしかったり悲しかったりだね。』
昨日の夕方見たダカールラリーのTV特番。
あの増岡浩選手が言ってました。

あっ、おんなじ。(*^@@^*)えへへ♪
ぶぶにゃん達のラリーとおんなじだ。
ダカールラリーもWRCも、そしてプロもプライベーターも、同じなんですね。

というわけで、てんやわんやのラリージャパン2007参戦記第22弾です。


ひげおぢさん 『おっとっとぉ~。(◎0◎)』
ぶぶにゃん  『だから、気を付けて走ってって言ってるでしょぉ!!
          o(T@@To) クゥ

林道SSを走り終えたとはいえ、まだまだサービスパークは遠い。
まずは山を降り、さらに高速道路に乗って帰らなければならない。

ひげおぢさん 『気抜くと忘れちゃうんだよねぇ。
          ブレーキ、効かないの。ヾ(▽^;)ゞうへへ』
ぶぶにゃん  『ゆっくりでいいから、ちゃんと帰ろうよぉ。
          もう怖いのいやだよぉ。(ノ@@<。)うっうっうっ』

それにしても、背中が痛い。
スーパーラリー適用を決め、気が緩んだのだろうか。
背中とシートの間に手を入れてみたり、さすってみたり。
でも、痛さは増す一方、吐き気すら出てくる。

早く帰りたいよぉ。(ρ@@;)ぐすん

途中、サービス隊に電話連絡。
車の状況を伝える。

ひげおぢさん 『ブレーキホース、持ってきてたかなぁ。』

でも、今はサービス隊に任せるしかない。
うちらはとにかく無事に帰ろう。
ってか、気抜かずに運転してぇ~!!

 

やっとのことで、なんとか辿り着いたサービスパーク。
遠くには、OBIHIROスーパーSSのスタートを待つラリー車達が見える。
照明に浮かぶその姿。

一緒に走りたかったなぁ‥‥。
ちょっと寂しい。

いや、ぶぶにゃん達だってまだ戦ってるんだ。
それに、これから、またメカニックさん達の戦いが始まる。
早く、テントに向かおう。

 

でも、実は、この後あんまし記憶がない。

あまりの背中の痛さにコンテナハウスで倒れこんだぶぶにゃん。
そういえば、ひげおぢさんに足蹴にされたような‥‥。

しまいにゃぁ、なんとスポンサー様としてめちゃくちゃ協力して下さってるTRDのIさんにマッサージしてもらう始末。

遠く東京からこのラリージャパン応援に駆けつけた名ナビゲーターMちゃんもコンテナに遊びに来てくれた。
(実はMちゃんは、以前ぶぶにゃんのナビをしてくれたこともあり、そのとき初めてペースノートってもんを教わったというぶぶにゃんとっての大先生でもある。)
でも、正直まともに会話できた記憶がない。

監督から調べものをするようにと指示を受けたものの、気がついたら、机に突っ伏してそのまま寝ていたのである。

その間、メカニックさん達はもちろん、らんくす君と奮闘。
監督も部品調達で走り回ってたらしい。
(ブレーキホースは結局、ダイハツさんが荷物から探して譲ってくれたのである。感謝、感謝。)


(北海道の寒さの中、メカニックさんの戦いは続く。)


(昨日、木片で作ったミッション用臨時ストッパーに変わって、新しいストッパーが作られてた。
ぶぶにゃん達が走っている間に準備していてくれたのである!!)


(らんくす君ってば泥んこ、べこべこ。)

その間、実は、あったかいコンテナハウスの中で、ぶぶにゃんぐっすり。
〃(∪@@∪) ぐぴ~ぃzzZZ

チーフ 『もうすぐ終わるぞぉ。』

(ρ@@-)ねむねむ
目が覚めたときはもうすっかり深夜。
一体、メカニックさん達は何時間作業をしていたのだろう。
みんなぁ~、ありがとぉ~。(ノ@@<。)うっうっうっ

だいぶ背中も楽になってる。
マッサージしてもらったり、ゆっくり寝させてもらっておかげである。
みんな、本当にありがとぉ。

監督 『さぁ、早く宿屋に帰って休みなさい。』

昨日に引き続き、メカニックさんだって極寒の中、長時間の作業を強いられている。
でも、パルクフェルメに車を入れたぶぶにゃんとひげおぢさんに、先に宿屋に帰るようにと監督は指示。
それも、TRDのIさんの運転で先に宿屋まで送ってもらう。

ありがとぉ。
みんなほんとにありがとぉ。

お風呂入って、今日は一分でも早く寝るよ。
だって、明日があるんだもん。
明日また、ラリーが出来るんだもん。

プル、今日もありがとう。
明日もがんばるよ。
お休み、プル。


さぁ、とうとう残すはLEG3。
無事にゴールまで辿り着けるのか、らんくすの真の実力は見られるのか。
そんなこんなのお話はまた次ね。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 2

コメント 2

SRX

はじめまして。突然のコメント失礼します。

いつも楽しく見させて頂いてます。
ラリージャパンSS18で観戦しており、ぶぶにゃんさんのランクスの姿も
見させて頂ただきました。

僕も十数年連れ添った犬を失ってから、もう少しで一年になります。
夢で見て、朝目覚めたとき無意識に涙が流れていることが、
いまでもよく有ります。家族同然の存在を失うのは辛いですよね。
けど、きっとプルさんも心から愛されて幸せだったと思います。
僕はいま少しずつ、そう思えるようになりました。

これからもブログ楽しみにしています。
無理をなさらずマイペースで頑張ってください。
長くなってすみません・・・。
by SRX (2008-01-29 23:26) 

ぶぶにゃん

SRXさん、こんばんは。
はじめまして。

悲しみは時間が解決するって言いますが、あれ、嘘ですよねぇ。
確かに、荼毘に付した後は少し落ち着きましたが、あれから、ちっとも変わらないんです。
目をつぶると、プルの声、仕草、表情がくっきり浮かんでくる。
でも、手を伸ばしてもそこにはプルはいない。

ただね、触れる事は出来ないけど、すぐそばにいるような気もするんですよね。
とはいえ、触れられないのがやっぱり悲しい。
そんな気分がぐるぐる回ってます。

でも、少なくとも去年のラリージャパンは、絶対プルが守ってくれていたような気がします。
プルが見てるんだ、そんな気がしてました。

きっとSRXさんのわんちゃんも、SRXさんのそばにいるんだと思います。

がんばらなくちゃいけないですね。
ヾ(≧@@≦)b ファイト!!
by ぶぶにゃん (2008-01-30 23:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る