So-net無料ブログ作成

前、見えてる?足、とどいてる? [ セッティング]

毎日電車通勤、そして、ラリージャパン一本に絞って準備中のぶぶにゃん。
最近は、ドライバーとしての活動もすっかりご無沙汰。
練習すら全然行ってません。
だから、ガソリンもなかなか減りません。

で、先日、ひっさびさにインテ君のはらぺこちゃんマークが点灯し、ガソリン入れに行きました。

スタンドのおにいちゃん 『ライト取っちゃったんですかぁ?』
ぶぶにゃん  『えっ?あぁ、ライトポッドですね。あれ、使い回ししてるんですよ。
          元々セリカ用ので。』
おにいちゃん 『やっぱ、穴開けたりして合わせるんですか?』
ぶぶにゃん  『たまたまほんと偶然形が合っちゃったんですよ、セリカもインテも。
          まぁ、どちらにせよ、固定用にボンネットにねじ穴あけてますけどね。』

それにしても、スタンドのおにいちゃん、よく見てるんですね。
ライトポッドの有り無しまで。
それもそんなにしょっちゅう行ってるわけじゃないのにね。

よく見るといえば、運転する時の前方の視界確保は重要ですよね。


そう、それは、ぶぶにゃんがジェミニでドライバー始めたばかりの頃。

先輩     『ぶぶにゃん。分かって運転してる?
         もし、分かって走ってるんだったら、君はすごいよ。
         初心者であんなに攻めたライン取りするなんて!!』
ぶぶにゃん 『(´・@@・`)ブヒ?』
先輩     『コーナーイン側の側溝、タイヤ1/3ははみ出してるよ。ほんと、ぎりぎりだよ。』
ぶぶにゃん 『えっ?側溝なんてあるんですか?』
先輩     『‥‥‥‥。(´ヘ`;) う~ん』

体のちっちゃな、ぶぶにゃん。
ジェミニ純正レカロシートにもすっぽり。

先輩     『ぶぶにゃん、車に乗って!!』
ぶぶにゃん 『はい。』
先輩     『傘を地面に置くから、見えたら言って。これは?』
ぶぶにゃん 『見えませぇ~ん。』
先輩     『じゃぁもっと下がるよ。』
ぶぶにゃん 『見えませぇ~ん。』
先輩     『じゃぁもっと下がるよ。』
ぶぶにゃん 『見えませぇ~ん。』
          :
          :
ぶぶにゃん 『見えませぇ~ん。』
先輩     『‥‥‥‥。(´ヘ`;) う~ん』

相当、見えてなかったそうです。

でも、ぶぶにゃんは、免許取って初めて運転したときから、視界ってこんなもんだって思ってたんです。
だって、生まれてこのかた大きかったことないんだから、大きい人の視界、世界なんて知らないもん!!

とはいえ、これでは危険!
で、緊急対策は座布団!

『やっぱシートはレカロよねぇ♪』

2枚の座布団を座面に、そして背中にもう1枚。
その上で4点ベルトをつけたぶぶにゃんのセリフには、全く説得力がなかったそうな。
ヾ(@@^;)ゞうへへ

で、今はどうかって?

( ̄@@ ̄)ウシシシシ♪
大丈夫です。
オープンロードさんが、合わせてくれます。
高さが足りないときは、シートレールを改造してくれます。

ぶぶにゃん  『ぶぶにゃん、どうしてもみんなみたいに上手に、
          ヒール&トーってのが出来ないの。(ノ@@<。)うっうっうっ』
ひげおぢさん 『ぶぶにゃん足のサイズは?』
ぶぶにゃん  『22cmか、22.5cm』
ひげおぢさん 『足が届かないのかもね。』
ぶぶにゃん  『でも、もうペダルカバー付けてるよ。
          これ以上大きなカバーは無いって、以前、他で言われたの。』

するとひげおぢさんは、ジェミニのペダルを根っこから外し始めました。
で、バーナーでごぉ~。
ぐいっと曲げてくれました。

ぶぶにゃん  『(*’@@’*)わぁ♪』
ひげおぢさん 『これで練習してごらん。』

シートポジションはほんとに大事です。
ペダルの位置も大事です。
見えないものが見えるようになったり、届かないものが届くようになったり。
市販品がなくてもあきらめてはいけません。
こういうことが大事って分かってくれるショップさんなら、なんとかしてくれるはずです。

それだけの効果があるから。

えっ?それじゃぁ、ヒール&トーは出来るようになったんだねって???

ヾ(;´@@`Aアセアセ

あれはね、ペダルのせいじゃなかったみたい。
単にぶぶにゃんがへたくそだったからみたい。

というわけで、シフトダウンが上手に出来ないぶぶにゃんに対して、オープンロードが取った次の作戦は!!っていうお話はまた次ね。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る