So-net無料ブログ作成

ありがとう、セリカちゃん~ラリージャパン2006参戦記(9)最終編~ [ ラリージャパン2006]

ながぁ~い人生の中で、たった、三日間のラリージャパン。
でも、ぶぶにゃんにとっては何物にも代えがたい大事な三日間となりました。

トヨタセリカST202、最後のWRCとなった2006年ラリージャパン。

そんなすっとこどっこいのラリージャパン2006参戦記第九弾。
やっとこさ
、最終編です。


さぁ、SS24、気持ちをリセットしてがんばろう。
午後に向けてノートに修正を入れながら、進んで行く。
何度走っても、ノートって完成しないもんなのねぇ。ヽ(´@@`)ノはうー
バーストタイヤで火傷した手が痛い。
でも、気持ちは結構落ち着いている。
そしてここは無事にゴール。63位/81台中。

三日目も半分が終わる。
あとは、サービスに戻って残りSSみっつ。
リエゾン中、ひげおぢさんはいつもと同じようにしゃべっている。
でも、ぶぶにゃんの耳には入らない。
窓の外を見ると、沿道で手を振る人たちがいる。
でも、まともに見れない。

今まであったいろんなことが頭に浮かぶ。
学生の頃、雑誌で見たジェミニの美しさにびっくり仰天、腰抜かしながら、ラリーというものを知った。(*‘@@’*)わぁ♪
そうこうしているうちに、ワークスジェミニの魔力に吸い寄せられ、オープンロードへ。
んで、ひげおぢさんと大好きなジェミニで全日本ラリーにも参戦。
今思えば、それがAGMSC北海道だったってのも何かのご縁?
で、インテグラに乗り換え、ジェミニの良さを改めて実感しつつ、『インテグラ発射台リタイヤ』、『ひげ橋に激突リタイヤ』等々ひげおぢさんが生み出す数々のドラマを経験する。
ダートラやさんの力も借り、たくさんの方の協力のおかげで、国際Cライセンス取得。

それでもラリーは一人じゃできない。
確実に周りを巻き込む。
だから、時には不安になる。
本当にこのまま進んでいいの?

『大丈夫。ひげおぢさんも、みんなも、なんだかんだ言ってラリー好きだから。』

そう言ってぶぶにゃんを励ましてくれて、そして、今はもう天国に行ってしまったおじさんもいる。
そして、気づけば、せりかちゃん、WRC。
二年目のラリージャパン。
でもこれは、セリカのホモロゲ(FIA、国際自動車連盟の公認)最後の年。
そう、セリカでWRCに参戦できる最後の年なのである。

もしかしたら、ぶぶにゃんももうこれで、ラリーすることもないかもしれない。
もう、出来ないかも‥‥。
いろんなことが頭に浮かぶ。

おいおい、まだラリージャパンは終わってないぞっ!!
ヾ(`@@´)
でも、なんだか目の前がにじむ。
なんでだろう‥‥。

サービステントでは変わらず、準備万端、サービス隊がスタンバってくれていた。
30分のサービス。
大きなトラブルはない。
余裕を持った穏やかな雰囲気が流れる。


(最後のステージに向け、全員一丸となって整備)

明るい雰囲気に、ファンの方からも声がかかる。
バーストしたタイヤの写真を撮る方までいたりして。


(『ひげおぢさぁ~ん、サインしてぇ~。』)


(携帯カメラでぱしゃっ。バーストしたタイヤって珍しいのかしらん?)

最終日、まだまだたくさんのラリーファンがサービスパークを訪れていた。
その数、初日の1万5千人、2日目の1万8千人を越える、2万2千人だったそうな。

帰りの飛行機の都合で、Y氏、Sちゃんはこのサービスまでしか居られない。
メカニックK氏、Gちゃん氏も、ゴール後、空港に直行である。
今晩中に東京に戻り、明日から仕事のメンバーも多い。
日常の中の非日常。
ぎりぎりのその時間まで、チームメンバーとしての活動が続く。

そして、見送るべき二人に見送られ、せりかちゃんは再びサービスアウト。


(LEG3、午後のステージに向けてサービスアウト)

さて、午後のSSは再び、新得方面。
バーストしないよう丁寧に走り、SS25のPANKE NIKORPETは61位/81台中。
今度は、余裕を持ってつなぎ区間を移動。

そして、最後の林道SSとなるSS26PENKE。
落ち着いて、そして、楽しんで走ろう。

と、途中、外人さんが落とせ落とせ踊りをしている。
 ※ 落とせ落とせ踊り:
    リタイヤ車がコースにある場合、
    クルーは『速度を落とせ』と後続車にジェスチャーで知らせる。
リタイヤ車?
と思ったら、なんと、フォードフォーカスコースオフ。(・@@・)おー
っていうか、道をふさいで横向きに止まり、ちょっと押せば川に落ちそうな状態。

ぶぶにゃん  『通れる??』
ひげおぢさん 『行くよん!!ー ̄) ニヤッ』

おぢさんが行けると言ったら行けるんだろう。
それに、誰も止まっていないということは、みんな通り抜けたんだろうし。
そして、せりかちゃんは、崖とフォーカスの鼻先の間をなんとか抜けていった。


(フォードフォーカス@車輌保管)

そう、ここが後にシトロエンのダニエル・ソルドがシートベルト未装着で失格の裁定を受けることになった問題の場所だったのである。
通れるのか。
幅の広いWRカーなら尚更悩んだことだろう。
思わず、車から降りてしまった気持ちも分からないでもない。
もちろん、その後、ベルトしないで走り出しちゃったのはいけない事だと思うけど。

その点、悩まず通り抜けるおぢさんは、やっぱ、亀の甲より年の功ってやつ?
さっすが、おじぃちゃん!!””ハ(^@@^*)パチパチ♪
で、ここは52位/81台中。

 

あぁ、これで、すべての林道が終わった。
走りきったんだ。
去年にはない感覚。
体中に震えが来る。

 

いや、気を抜いちゃいけない。
ブンブン(>@@< )( >@@<)ブンブン
だってまだラリーは終わってないんだから。

でも、あとは、スーパーSSを残すのみ。
帯広までの見慣れたコマ図、残りはもう少ない。
集中しよう。
でも、もう心はどこか遠くに飛んで行ってしまいそう。

帯広ではウォッシュエリアで洗車。
綺麗になったラリー車達はオフィシャルの指示の元、最後のSSスタートに向けて整列する。


(帯広SSSのスタートを待つせりかちゃん)

あと1ページ。
そしたら、あたしのラリージャパンが終わる……。
だめっ、前を見れない、おぢさんのヒゲ面も見れないよ。
でも、容赦なく前の車がスタートして行く。
神様、この瞬間をありがとう。
出来ることなら、時よこのまま止まれ……。

5、4、3、2、1

最後のSSが始まる。
SS27、相変わらず苦手な帯広スーパーSS。
でも、ペースノートも最後の1ページ。


(帯広SSS、最後のじゃぁ~んぷっ、よっこらしょっ。)

相手はシビック。
そして、せりかちゃんが、最終コーナーを立ち上がる!
あっ!?シビックがいない!
あるのはシビックが残した砂煙。
ははは、せりかちゃん、帯広SS、5戦全敗。
<(; ^ @@^) マイッタマイッタ


(シビック vs せりかちゃん)

SSゴールのタイムをもらい、TCに向かう。
だめ、もうだめ。
涙が勝手に溢れて来る。

ぶぶにゃん  『びぇ~ん。(*ノ@@<*)』
ひげおぢさん 『だめっ!今泣いちゃだめっ!カメラが来てからにして!!』
ぶぶにゃん  『……。(;-@@-) =3 フゥ』

このオヤジに純粋な心ってもんはないんだろうか。(-@@-~)

さぁ、最後のサービス。
みんながいるサービステントに帰ろう。
あれっ、やだっ、また涙が出て来る。

みんな    『どーしたのぉ。なんで泣いてるのぉ。
         また、ひげおぢさんに泣かされたのぉ~?o(*^▽^*)o』
ぶぶにゃん 『うんうん。 。・°°・(*>@@<*)・°°・。』

みんなが笑顔でせりかちゃんを綺麗にしてくれる。
自慢のライトポッドもつけてもらう。
さぁ、後はセレモニアルフィニッシユ。
みんなで行こう。あのポディウムへ。


(さぁ、行こう!ポディウムへ!!)

ラリージャパンにもう一度チャレンジしたい、今度こそ本当の完走をしたい。
一年間、思い続けてきた。
でも、それは、ひげおぢさんと一緒に悔やみ続けたことがあったから。
だって、去年は勝手が分からず、二人だけでフィニッシュポディウムに上がってしまったんだもん。
だから今度は、ポディウムに、みんなで立ちたい。
スポンサー様、応援してくれた大勢の方々、そして、サービス隊として一緒に戦ってくれたみんな。
みんなで拍手を受けよう。
そして、みんなに拍手しよう。


(セレモニアルフィニッシュ!!)


(最後まで見送ってくれるラリーファン)

総合60位、Gr.A12位、クラス7優勝。
これが、2006年ラリージャパン、せりかちゃんの成績である。

Oチーフ  『サービス隊、メカニック、選手、
       みんなそれぞれにとって、それぞれのいい経験になったと思うよ。』

この言葉が心の底から嬉しい。

泣いて、笑って、怒って、喜んで。
(T@@T) (^@@^) (`@@´) (>@@<)
この日のためのこの一年。
みんなのラリージャパンが、今、終わった。


(車輌保管、戦い終わったラリー車達)

そうそう、A7クラスとはいえ、WRC一等賞のトロフィー。
ぶぶにゃんにとってはこれも初めての経験。
そして、とびっきり最高の経験。
ヾ(>@@<)ゞウレシイ♪


(A7クラス優勝のトロフィー!)

今は、一人でも多くの人にこの経験を伝えたい。
でも、こんなにこんなに、ながぁ~い参戦記を書いても、やっぱり全ては伝えられない。
ひげおぢさんが、いつもの弾丸トークを繰り出しても、きっと語りつくせない。


だから‥‥。


さぁ、みんなもラリーに行こう!
WRCに行こう!!

         - ラリージャパン2006参戦記 完 -


2006年ラリージャパン。
ぶぶにゃん達の挑戦、そしてせりかちゃんの最後の挑戦が終わりました。

でも、ふつ~の会社員にとって、WRCに出るのはやっぱそれなりに大変。

2007年ラリージャパン。
再びあの北の大地を走ることが出来るのか、そこらへんのお話はまた次ね。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 4

もとじ

はじめまして。
神奈川に住む、もとじと申します。
ラリージャパンは04,05,06と皆勤賞で観戦しています。
その中でもセリカは印象に残る一台でした。
やっぱり希少車ってなんとなく応援しちゃうものです♪

とあるきっかけでコチラの存在を知り、
ちょっと覗くつもりが一気に全部読んでしまいました(^^;
でも内幕が色々わかって、一方的にですが親近感が沸いた気がします(笑)
今年はニューマシンでの参戦とのこと。
スーパー2000級のらんくす君の活躍を期待します!

ところで拙blogの方に、手元にあったセリカの画像と、
05,06RJの観戦記を紹介してありますので
もし、よろしければご覧くださいませ。

それではどうもお邪魔いたしましたm(_ _)m
by もとじ (2007-08-07 23:38) 

ぶぶにゃん

もとじさん、こんばんは。
神奈川ということは近くですね。o(*^@@^*)o

ブログ、拝見しました。
セリカちゃんの画像、ありがとうございます。
うれしいですねぇ、こうして写真撮って頂いていると思うと!!
(よかったら、今度元データを頂けませんか?)

それから、今年もぜひぜひ、サービステントに遊びに来てください。
あっ、神奈川だったら、オープンロードも近い?
こちらにも遊びに来てください!
by ぶぶにゃん (2007-08-08 00:02) 

もとじ

こんばんは♪
写真は送り先のメアドを教えて頂ければ
よろこんで提供いたします。
でもあれトリミングして使ってるので
元データ見てガッカリしないでくださいね(^^;

ウチは大山の麓です。かつてラリー屋さんが練習に来てたとか?
オープンロードさんも地図みて何となく場所わかりました。
らんくす君の進捗を煽りに行ってみましょうかね?(笑)

ではでは~
by もとじ (2007-08-11 00:18) 

ぶぶにゃん

もとじさん、こんにちは。
大山は、昔よく通いました。(*^@@^*)
以前は職場も近かったんで。

オープンロードにも遊びにいらして下さいな。
ランクス君、野ざらし、いえいえ、展示中ですから。

あっ、それから、プロフィールのところにアドレスあります。
お時間あるときで構いませんので、こちらにお願い出来るとうれしいです。
by ぶぶにゃん (2007-08-11 16:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る