So-net無料ブログ作成
検索選択

セリカちゃん、再び悪夢が‥‥!~ラリージャパン2006参戦記(7)~ [ ラリージャパン2006]

WRCラリージャパン。

国内ラリーと比べると、走行距離が格段に長く、
また関東近県のラリーと比べると、スピード域が全然違う。
なんで、車へのダメージ度も相当なわけです。

ぶぶにゃん出た事ないけど、今週末のラリー北海道もそうでしょう。
LEG1、2までと若干コンパクトな設定とはいえ、そこはFIA選手権。
他車との戦いだけでなく、果たしてどこまで車がもってくれるのか、
陰ではそんな戦いも繰り広げられるんだと思います。

2006年ラリージャパン、LEG2を無事に走り終えたかに見えたセリカちゃん。
しかし、やはりラリージャパン。
セリカちゃんは既に悲鳴を上げていたのです‥‥。

すっとこどっこいのラリージャパン2006参戦記第七弾です。


2006年9月2日(土)

まずは、LEG2のSSについてドライバーひげおぢさんの感想を載せておきましょう。
・SS11  EMINA 8.18km
   木陰が多くて、路面が少しウェット。
   関東の道に近くて、ストレートが少なく、あんましスピードが乗らない。
   (と言っても、関東で言えば走りやすい道になるけど。)
・SS12、16 RIKUBETSU 2.73km
   変わらず、今日も嫌い。
SS13、17 NIUEO 20.75km
   ストレート1000なんてのもあるけど、コーション右2なんてのもあり、道もあんまりよくない。
   ねじれるようにジャンプしたりとかね。
   ひっくり返るかと思ったよ。
・SS14、18 SIPIRKAKIM 22.43km
   最初は上りの砂利の多いところ。
   終盤ギャラリーコーナーを抜けると道が急に広がり、下りとなる。
・SS15  MENAN 16.25km
・SS19  MENAN SHORT 9.17km
   後半、橋がいっぱいあってやだったね。
   でも、2周目のショートでは、
   ちょうどこの後半の分がカットという構成だったんで助かったな。
・SS20、21 OBIHIRO 1.30km
   昨日と変わらず、どうしようもない。う~ん。

 

SS11EMINAのスタート。
ざっくざくに掘れている。
車がスタートラインに立つと、すっかり前のめり状態。

あれっ?
前のブーンがスタートのはずなのに、周りのオフィシャルが車から離れない。
危なくない??

と思ったら、スタートと共に、オフィシャルみんなでブーンを押し始める。

オフィシャル 『掘れちゃっててFF車はきついからねぇ。でも、これは大丈夫だよね。』
ぶぶにゃん  『いえいえ!!このセリカもFFなんですよ。お願いしますよぉ。』
オフィシャル 『まぁ押さないで済むようにがんばってみてよ。』
ぶぶにゃん  『はぁ~い。』

さてさて、SS14SIPIRKAKIM。
ここは去年、コースアウト、一回目のスーパーラリーに追い込まれたコースである。
スピードが乗る、でも、左側は崖。
ずっとずぅ~っと下の方から木が生えている。
ここでコースアウトしたらどこまで、落っこちるんだろう。<(T@@T)>むひょ~
ぶるん、ぶるん、考えちゃいけないっ!!


(SS14広大な自然、と言っても、助手席左側は崖‥‥。)

コーナー間距離、速度の状況を考えながら、ノートを読み続ける。

ひげおぢさん 『あっ!!』

ずしゃぁぁぁ。

ぶぶにゃん  『ごめ~ん。』

左側が崖、右3.5のコーナー。
オーバースピードで外側にはらみながらも、なんとかクリアしていく。

ひげおぢさん 『あそこはさぁ、速度が乗ってたのに、ぶぶにゃんが読み遅れるからよぉ!!』
ラリーが終わってからも、こうやってぶぶにゃんはいぢめられ続けることになるのである。。。


(SS14SIPIRKAKIMにて。わだち、ふかっ!!)

午前最後のSS15MENANでは右リアがバースト。
やっぱり370。
タイヤのサイドが切れたのである。
でも、SSゴールまであとちょっと!ということでなんとか走りきる。
タイムロスも 最小限にくい止めることができた。

お昼のサービスは、またタイヤ交換。
でも、その他に大きな作業はない。

サービス隊のTさんは黙々と車内外をきれいに拭いてくれる。
Sちゃんは、自分がドライバーでラリーしている時には見たこともないような真剣な表情で作業。
お昼ごはんもサービステントに用意されており、そもそも、車内にもおにぎりを持たせてくれている。
T氏が、宿屋との交渉を一手に引き受けてくれてて、朝の早い我がチームに朝ご飯の変わりにおにぎり弁当を頼んでくれているのである。

さぁ、午後もがんばろう。

あっ、でもだめ、集中力が‥‥。
SSを何本か終えたあと、
ぶぶにゃんの意識が突然朦朧とし始める。。。

でも、大丈夫、これも去年経験済み。
こんなときは!!しゃっきぃ~ん。( ̄@@ ̄)V ブイ

ウィダーインゼリー、マルチビタミン!
でなくって、エネルギー!!

脳みそがエネルギー切れになるってほんとにあるのねっ。
10秒チャージで、
なんとか復活。

夜のサービスは、45分。
でも、今年は連絡方法もばっちし。
各ステージ、移動には必ず高速道路を使う。
その高速道路走行中、ナビと監督が電話連絡を取り、こちらの状況、サービス作業希望内容等を伝えることにしていたのだ。
なので、サービステントのホワイトボードには連絡事項が記入済み。
戻る頃には、準備も万全という状況になってるわけである。


(サービステントの連絡事項)

だから、今日のサービスも順調、順調!!
と思いきや、

『だめだ、リアにがたがある!!』

またか‥‥。
去年の記憶が蘇る。
左リアハブ交換、残り時間19分、Oチーフ一人の腕に委ねられた去年。

ところが今年はなんと左右!

残り時間は17分!!

さぁ、どうする!!!


さてさて、セリカちゃんは無事に3日目の再スタートを迎えることが出来るのか、ライバルプジョーの動きは!
そんなこんなのお話はまた次ね。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(2) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 1

ぶろぐひろば

突然申し訳ありません。
ブログ専門検索&コミュニティサイト「ぶろぐひろば」です。
http://bloghiroba.com/blog/
貴サイト様を拝見し、是非当サイトに参加いただきたいと思いコメントさせていただきました。
出来て一年たらずの未熟なサイトですが是非ご参加をご検討くださいませ。
by ぶろぐひろば (2007-07-03 00:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る